前回からの続きになります。
まずは、今年度の申請方法・手順を極めてシンプルに示してみます。
①個人専用アカウントを作成し、申請希望リストに登録
カナダ政府による登録リストからの選定連絡を待つ
③選定をされると本申請への招待状が専用アカウントに届く
④招待状を開封しオンラインでの本申請を行う
⑤申請の許可、追加書類、却下等の結果連絡が専用アカウントに届く
⑥許可されると入国許可書が発行されるので、それを持参して渡航
⑦カナダの空港にて入国許可書をビザに引き換え

前回は上記の③までのご説明をしたので、残りパートとなります。

④について
「招待状」という本申請に進むレターが登録アカウントに届きます。
ここで重要なのは、この招待状の案内を10日以内に開封をしないといけないということです。こちらが届いてから10日以内に開封をしないと、無効となり振り出しに戻ってしまいます。
(①の再登録をもう一度しないといけません)

Point!
こちらを見逃したという方の多くは、携帯のメールアドレスやフリーメールの方です。
①のアカウント登録後にカナダより届くメールの送信元アドレスを必ず登録してください。携帯の方はドメイン登録などをして受信出来るようにしておくことが大事です。

招待状を開封すると本申請が出来るのですが、その申請完了までにも期限があります。その期限は20日間です。よって、招待状が届く前に必要書類の準備を済ませておきます。

⑤について
本申請を完了すると、早い時は数日、平均的には2週間前後で結果が届きます。混み具合やシステムの関係で、結果が来る期間はバラバラなので、焦らずに待ちましょう。
心配な方は定期的にアカウントを確認するのもいいと思います。

Point!
アカウントに進展があると、メッセージ欄に「New」という表示がされます。
これが分かりやすいように、何か届いたものは必ず開封をして既読にしておくと見落としが減ります。

追加書類がある方はこのタイミングで指示が出ます。
多くは5年以内に国外で連続して半年以上滞在した方に出る「無犯罪証明書」です。その経歴がある方は事前に準備をしておいてください。
こちらの提出期限は自動的に設定されてしまい約1ヶ月です。

⑥・⑦について
許可が出ると「入国許可書」が発行されるので、こちらを持参してビザと引き換えになります。

Point!
よく間違える方が多いのですが、発行された許可書はビザではありません。
カナダ入国時にビザは発行されるのですが、その引換券と考えてください。この際に、「滞在期間をカバーする適正な医療保険への加入」という条件を満たした、加入済みの保険証を確認される場合があります。
もし加入をしていないと、「ビザは発行しない場合がある」と規約にあるので十分にお気を付けください。

簡単ですが以上となります。
この2回の記事の間に、2018年度の登録が開始されました。(11月3日にカナダ政府より発表されています)
ただ、直ぐに申請が出来るのではなく、①が出来る窓口がオープンとなりました。昨年は12月に②が行われ、③が届き一番早い方の申請が始まりました。

今年はシステムが無事に稼働することを祈ります。

このようにカナダワーホリビザの申請は複雑ですので、弊社ではベテランスタッフによる申請代行サポートを行っています。
心配な方は是非ご利用ください。

記事提供:「ビザ申請.COM」運営 国際コミュニケーションセンター
カナダワーホリ2018仮予約受付ページはこちらから

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ