スロバキアの学生さん、6月下旬より夏休みがスタートしました。8月末までの長期夏休み。現在働いてるラーメン屋さんで、この情報を入手。 『バケーションタイム』に入ると、お客さんがガラッと減るそうです。その理由としては、家族で旅行に出るのだそう。 日本の富士山にあたる、ポプラトへハイキングに行ったり、...
筆者の人生初のワーホリ先は、オーストラリアでした。初めてで不安もあったため、その時はエージェントを通し、海外送金の手続きを取りました。 現地で口座を開設すれば、あとは自動的に設定した額が送金される自動送金のシステムは、その当時、とても便利でした。 ただ、海外生活を長くするうちに、気付いたことがあ...
フランスでは日本より休みも時間があるなぁ・・と思います。正社員でも、アルバイトのような時間帯で、仕事も無理をしていない人が多く、普通の家庭では夕方や休日は家族との時間を優雅に過ごしていて、夜遊びに行く人たちも少ないです。(もちろん、都会では、ナイトクラブで毎夜、夜遊びや出会いに忙しい人たちもいま...
物価が高いオーストラリアでは、観光するのにもかなりお金がかかりますが、ここメルボルンではお金をかけずに観光できるスポットがありますので、今回はそれをいくつかご紹介します!! まずは、National Gallery of Victoria (NGV)ナショナルギャラリーと呼ばれる「国立ビクトリ...
香港と聞くと、想像するのは100万ドルの夜景? 高層ビル群? 意外!?と香港は自然が多い場所でもあり、離島は260以上あります。メインどころの離島はCentralフェリーターミナルから30分程度で行けます。そう、離島めぐりがお勧め!! まず代表的なところは南Y島(ラマ島)。ハイキングコー...
台湾に長く住んでいる日本人同士で話をすると、必ず話題に上がるのが「休日何をして過ごしているのか」ということ。一年も経つと、だいたいの観光地や有名なお店は行き尽くしてしまい、もうやることがない…というような人が多いような気がします。 私も例に漏れず、こちらに住み始めたときはどこへ行っても何を見ても新...
筆者の出身地は、栃木県です。 「一家に一台車があれば良い」というよりは、「一人に一台車がないと不便」な場所なので、筆者も日本にいるときは車を持っていました。 車があると、近くのコンビニに行くのさえつい車を使ってしまうため、日常的に「歩く」という行為をしていませんでした。健康上、あまり良くなかった...
ワルシャワは人口170万人を超えるポーランド最大の都市ですが、街の中には非常にたくさんの緑があります。 ワルシャワ中央駅付近でも、旧市街付近でも、どこでも大きな公園があり、ワルシャワはヨーロッパの中でも緑の多い都市として知られているようです。普段、生活していると嫌なことやイライラすることなど色々あ...
カナダ バンクーバーでのワーホリで是非体験して欲しいのが、アウトドア。 日本ではお金も時間もかかるアウトドア、アクティビティが、日帰りで、しかもすぐ近くでリーズナブルに楽しめます。 バンクーバーは、山と海が一緒に楽しめる街。海に行った後、山にそのまま登ることができます。 残念ながら、海は日...
ノルウェーって、北の寒〜い場所にある国でしょ?夏はどのくらいあるの?暑いの?冬は何度まで下がるの?と、よく聞かれます。 そこで、今日は、シーズンで変わってくるノルウェー人の「遊び方」をご紹介します。 春・夏 夏のノルウェー、実は日中は30度になる日もあるほど、暑い日があります。もちろん朝と...
私はドイツに渡航後1ヶ月間、語学学校に通いながらホームステイをしました。 ワーホリでまず体験したかったのがホームステイ。せっかく長く滞在できるので、現地のリアルな生活を直に体験して彼らと交流してみたかったのです。さらにドイツ生活について何もわからない状態だったので、慣れるまでは常にサポートのあるホ...
デンマークの子供達は6月30日から6週間の夏休みに入りました。それに伴い、親たちも3週間程度の夏休みをとります。 大抵の家族は海外へ家族旅行。でも、世界各地からの旅行者でデンマークの夏も混み合っています。ですが、夏休みだけあって、いろんなイベントが盛りだくさんなのは確かです。だからあえてデンマーク...
香港は外は暑く、室内は冷房が効きすぎているため、温度差から風邪を引きやすい環境かと思います。気をつけても風邪を引いてしまったらどうしましょう。 一番身近な方法は日本から持って来た風邪薬を飲む。一番手軽で気が楽。でも薬がない場合は病院かドラックストアへ行くしかないですよね。まず病院に行く前には、...
アイルランドから他のEU諸国に行くには、EasyjetやRyanair、Aerlingusなどの格安航空券で行くのが便利です。料金を比べて、時間と料金がマッチするところを選ぶといいと思います。 EU国内に旅行に行くにも、飛行機に乗ってしまえば1-3時間でどこにでも行けてしまうので、週末からの2...
だんだん寒い日が続き、日本の皆さんは温泉が恋しくなってきてはいませんか?筆者の経験上、オーストラリアにワーキングホリデー来てバスタブを毎日使うということはそうそうないはずです。(そもそもバスタブがあっても使わない家やシャワー室しか無い家がほとんどなので) 実はここ、オーストラリアはメルボルンには地...
みなさん突然ですが、スロバキア語と聞いて、何か思い浮かぶ言葉はありますか? 私、ワーホリに行く前は、何ひとつ、全くスロバキア語を知りませんでした。 スペイン語・フランス語・イタリア語などの国の言葉は、行ったことがなくても、日本語にあたる『こんにちは』や『ありがとう』だけですが、パッと頭に浮かびま...
最初のフランスでの語学学校は、ビザの強制的な学校(筆者の場合はワーキングホリデーではなく、結婚によるビザでしたので、一定レベルのフランス語の習得が義務)でした。二週間あまりの授業で、いきなりフランス語の検定試験に合格しなければならず、ほとんどフランス語が分からない状態で、過去問を暗記して、試験を受け...
ワーキングホリデーの時間を自分のキャリアアップに繋げる方法は、必ずしも一通りではないも思っています。今回のテーマで大変重要になってくるのは、”どのタイミング・ライフステージで、ワーホリに挑戦するか”だと思います。 (1)学生を終えてワーホリする人 自分の大学での学部や、高校生の時に得意だった...
ワーキングホリデーという1年間の限られた時間をどう使うかによって、帰国後に人生が大きく変わることも少なくありません。 また、この1年の間に英語力がどこまで伸びるのか、これもご本人の努力と過ごし方によって大きく変わります。そして大きく飛躍した英語力は、帰国後も生かすこともできます。 ワーホリ期...
ヨーロッパにワーホリをするメリットの一つは気軽に周辺の国へ旅行に行けること。航空券も日本では考えられないほど安いので、東京から関東地方の他県に行くような感覚です。 ポーランドと同じシェンゲン協定に加盟している国に行く場合、基本的には国境でのパスポートチェックはありません。 シェンゲン協定は、...

ワーキングホリデービザ格安申請代行

ワーキングホリデー保険を探すならワーキングホリデー保険キット

lcc-ad800x150

ワーキングホリデー費用を節約しよう台湾でワーキングホリデーワーキングホリデー 広告募集中フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ

あってないようなもの?カナダの伝統

カナダは歴史の浅い国で、今年建国150年を迎えました。歴史が浅いので、学校での歴史の勉強が楽そうだな、と思ってしまいます。 歴史の長いヨーロッパや中国、日本とは違い、カナダには特筆すべき伝統工芸や行事など、ないような気がします。。。。...

友達づくり役に立った日本の知識@イギリス

せっかくワーホリでイギリスに来たのに現地の友達ができない!という経験はありませんか? その原因は言葉の壁や、積極的に相手に話しかけられないことが多くの割合を占めています。 でも、もし当てはまっていても大丈夫! 簡単にできる日本の文化を披露...

住んでいるからこそできる、香港の楽しみ方!

香港の魅力は街自体がコンパクト。交通機関は発達しており大抵の場所には1時間程度で行けます。人口も多いため、いろいろなお店もいっぱい。 まずひとつめの楽しみ方はハイキング+海水浴。 香港の山は登山道が整備されています。登山口へもアプロ...

ニュース速報・ビザ情報

イベント・キャンペーン情報