現地で活躍する日本人@トロント

トロントは人種のるつぼと言われていますが、日本人もたくさん活躍しています。日系二世もいますし、日本から単身トロントに来ている方もいらっしゃいます。 例えば病院へ行った時のこと。日本語が話せるスタッフがいたら心強いと思いませんか? ...

lcc-ad800x150

犯罪に巻き込まれないために@でんまーく

デンマークは、ヨーロッパの中でも治安のいい国ですが、今年の2月にテロ事件が起き、日本でもニュースに取り上げられ、話題となっていましたね。 そんなわけで、友達・親戚から大丈夫なの?と心配されましたが、大丈夫です!  確かに、実は犯...

韓国のクリーニング屋さん

けっこうコンビニぐらいな勢いで町のいたる所で見かける、クリーニング屋。 そこでは大抵クリーニングだけでなく服の修繕(옷수선)もやってくれるところが多い。 海外暮らしのため、荷物を少なくするために服をあまり持っていかなかっ...

ニュース速報・ビザ情報

イベント・キャンペーン情報

ワーキングホリデービザ格安申請代行

注目の記事

オーストラリアのワーキングホリデー、35歳までの年齢引き上げ予定はどうなっているのか?

■現状はどうなっている? 35歳までの年齢引き上げがアナウンスされているオーストラリアのワーキングホリデー。当初、バックパッカー税(ワーホリ税)の導入に合わせて年齢の引き上げとビザ申請手数料の引き下げも実施されると期待されていたものの、実...
ワーキングホリデー保険を探すならワーキングホリデー保険キット

ワーキングホリデー費用を節約しよう台湾でワーキングホリデーワーキングホリデー 広告募集中フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ

EVEN MORE NEWS

一番、フランスで気をつけたいのは、「キノコ」です。フランスの森は、日本よりも広大な所が多く、散歩が出来るように整備されている所が多くあります。 シーズンになると、キノコ採りの人たちが、森の奥深くに入ることがあります。キノコの場所は、特別な場所で、キノコ採りの人は自分の秘密の場所に行きます。そのよう...
アマゾンとは違い、デンマークは山もないし寒い国なので、危険な動物はいないだろうと思っていましたが、いるんです! それは、1mmから1cmほどと小さな小さな危険物なのです。Skovflåt、いわゆる森ダニで、日本でも話題になりましたよね。人の皮膚に入り込んで血を吸うというもの。蚊みたいなものとは...
日本には北から南まで沢山の種類の蛇が生息していますよね。筆者も沖縄に住んでいた時はハブ、マムシを捕まえて市役所に持っていくとお金がもらえるなどの対策がされている程、身近に蛇がいる環境でした。ちなみになぜか孔雀もその対象でした。 ニュージーランドには蛇がいないと言われています。それは、その昔ニュ...
台湾でのコミニュケーションツールと言えば断トツなのが Facebook。 以前の記事でも何度か取り上げているので、どれだけ台湾で人気なのか知っている方も多いと思います。人口およそ2300万人の台湾で、1800万人がFacebook を使っていると言われています。日本の FB 登録者数が2700万人...
暖かくなったと思ったら寒くなる変な気候を繰り返す日々もようやく終わり、ドイツでは夏日が訪れ始めました。雨の多い冬とは違って、晴れて過ごしやすい絶好のピクニック日和が続いています。 ドイツの人々は晴れたらすぐ外に出たがるので、誘ったり誘われたりして外に出掛けますが、「何時にする?」「どこに行く?...
ノルウェーと日本のワーキングホリデーが始まったのは2013年と他国より少し遅い時期よりスタートでした。2013年頃というと、ちょうどLINE利用者数が一気に伸びた頃ではないかと思います。そのため、その時期に日本でLINEを利用していた人がノルウェーに渡り、ノルウェーでもLINEを連絡ツールとしている...
日本でコミュニケーションツールとして人気のLINEがあるように、ポーランドでもよく使われているツールがあります。 友人や家族間の間で、ポーランドだけに限らずヨーロッパ全域で人気のある「WhatsApp」という無料コミュニケーションアプリがあります。WhatsAppはLINEの海外版と考えてもらって...
日本ではきっと持っていない人がいないのでないかと思う勢いのLINE。しかし残念ながらカナダで活用している人は、日本人を除いてほとんどいません。 ワーホリ世代のカナダ在住日本人の間ではLINEを使ってメッセージのやり取りや通話をすることもありますが、現地の人は圧倒的に自身の携帯を使ったimess...
クック諸島、皆さんはどこにあるかご存知ですか? 南太平洋のフィジーとタヒチの北に位置する小さい島国です。その主島がラロトンガ島(Rarotonga island)といい、オークランドから飛行機で約4時間とニュージーランド人からすると沖縄に旅行する感覚で行けてしまう島なのです。(ニュージーランドとの...
香港は本当に小さい地域。端から端までで2時間はかかりません。そして、宿泊費が高い国なので、国内旅行をする人はあまりいません。遠出しても自宅に帰ってしまいます。 旅行=海外旅行が香港では一般的。一番行きやすいのは 、マカオへのショートトリップでは。香港から高速フェリー約1時間でマカオには着きます。も...
今回も引き続き歴史とアートの街ウッチをご紹介します。 マヌファクトゥーラから車で5分ほど南下したところにあるシェンキエビツァ公園は観光客がほとんどいない市民の憩いの場ですが、アートギャラリーと自然史博物館があります。 そこからさらに5分ほど南東に向かった閑静な住宅街には繊維業で材を成した(ウッチ...
先日、コペンハーゲンでデモンストレーションに出くわしました。ハッシュ、いわゆるマリファナの自由を求めるデモで、あたりはマリファナの匂い?が充満していました。そして、そのデモの前後を警察が護衛しているという、なんとも奇妙な光景でした。 さて、もうすぐ夏休みですね。みなさんは、もう夏休みの計画を立...
フランスと言えば、有名な観光国です。広いフランスの国内は、地域によって特色があるので、あちこちの観光が贅沢に楽しめます。フランスの観光地では、歴史や文学、美術品のこと等を事前に知っていると何倍も楽しめるので、自分の行く観光の場所の知識をある程度勉強していくと良いでしよう。 特に、パリは見所が多...
つい先日、オスロからベルゲンへ1泊2日の旅行に行ってきました。偶然にも今回の記事のテーマが「旅」ということなので、週末の休みで行ける世界遺産フィヨルド弾丸ツアーをご紹介します。 旅の行程はざっくり書くとオスロ→ミュールダール→ソグネフィヨルド→ベルゲン→オスロの順番。オスロの出発は朝6時。普通...
どのアジア諸国やオセアニア諸国には直行便がなく、不便を感じるアイルランドですが、それ以外の国にはどこにでも行きやすく、またお値段も時期によっては安く行けるので、旅行をするのはお薦めです。 私も日本に帰国する以外、毎年1-2か国旅行に出かけます。 ヨーロッパ諸国に行く場合、格安航空券を使い、尚...
ワーホリ中の大きな楽しみの一つと言えば、旅行じゃないでしょうか? カナダからだと、アメリカも時差なし、しかも陸路で行けますし、ここからだと日本からは遠かったメキシコやキューバなども近いので是非いってみたいところですが、今回は国内旅行について書いてみたいと思います。 ワーホリメーカーが多く滞在...
ポーランドはヨーロッパの西欧と東欧のちょうど中心に位置する「中欧」になります。感覚的に東欧とイメージする人が多いと思いますが、現在は中欧と言われています。 そんな中欧にあるポーランドは、ヨーロッパ各国への移動が非常にしやすいです。例えば、隣国のドイツへはバスや電車ですぐに行くことができますし、...
ノルウェーに限らず、ヨーロッパもしくは北欧にワーキングホリデーに来た場合、必ずおすすめするのは「旅」にでること。1ヶ国にどっぷり留まるのも、もちろんアリですが、せっかく陸と陸で繋がっているヨーロッパ大陸なのですから、ぜひいろんな場所を訪れて欲しいと思います。 さて、ノルウェーでワーホリに来た場...
台湾はどれくらいの広さかご存じですか? だいたい九州と同じと言われています。意外と小さい島なので日帰りでいろいろ観て回れるのも魅力のひとつです。 自分も留学してるうちに、台湾を1周したいと考えていました。今回は拠点を台北に、そこから行く国内旅行について書いていきたいと思います。 台湾は北部に...
ヨーロッパのほぼ真ん中に位置するドイツ。ドイツ滞在中に機会を見つけては、陸続きのヨーロッパ、そして面倒な入国審査もないEUや共同体の特権を活かし、さまざまなところへ旅しています。 旅にはお金が掛かってしまいます。ワーホリ滞在中の貧乏な身には辛い。しかし、ここドイツでは全ての旅にお金が掛かり過ぎる訳...