さて、いよいよ12月4日よりスタートを切った、2019年度のカナダワーホリビザ申請ですが、徐々に明らかになったビザの最新情報をご紹介します。

まず、気をつけたいのは現在受付と言われているものは「IEC登録」といって、あくまでもビザ申請の希望名簿に登録をしている状態です。
よって、このまま申請が直ぐに進むわけではありません。
この後に招待状が届くと、申請が進んでいきます。
この招待状を誰に配布するかの順番を抽選で決めるのですが、そのための名簿登録とお考えください。

また、最近よくこのような質問をもらいます。
「今すぐに申請すれば、来年から始まる生体認証を東京でしなくていいんですよね!?」
これは間違いです。
今している登録は2019年度のもので、来年から導入されるバイオメトリック制度を、これから回避することは基本出来ないです。そして、招待状が届くのが来年早々と考えられています。
(実際に日本のカナダ大使館の告知では、招待状が届くのは2018年12月31日以降とされています。)

2019年度申請の流れを簡単に示すと以下となります。
1、IEC登録(12/4~開始中)
2、招待状の受理(2018年12/31以降)
3、招待が届いてから10日以内に開封
4、招待状開封後、20日以内にワークパーミット申請
5、24時間以内にバイオメトリックについてのレターが届く
6、レターが届いてから30日以内に東京のカナダビザセンターに出向く
7、申請が再開される
8、全て問題がなければ許可レターが届く

このような流れで進みます。
工程ごとに期限があることが、カナダのワーホリビザ申請が複雑なところです。

頑張って自分でチャレンジしてみるのもいいことでし、心配な方、時間のない方は、プロのサポートを利用されるのも選択肢です。
弊社でもサポートを行っています。2018年度は全ての方の申請許可に成功しています。
ご興味のある方は、以下のサイトをご覧下さい。

「ビザ申請.COM」運営 国際コミュニケーションセンター
https://www.icc2004-visa.com/wh_visa/canada/

記事提供:「ビザ申請.COM」運営 国際コミュニケーションセンター・永岡さん

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ