141206_hk
雪が降るはずのない香港ですが、日本の雪をニュースで見たのか、はたまた願望なのか、香港に雪が降る夢を見ました。

こちらも徐々に寒くなっています。12月6日現在気温は16度くらい。ただ、冬でも冷房ガンガンなので、室内の方が寒いです。冷房を回す=新鮮な空気を循環させるとのこと。

今回は香港の年末年始の過ごし方について。

日本だとクリスマスが終わると長期休暇に入る企業が多いですが、香港は旧暦なので、日本と同じタイミングで年末年始休暇がありません。

香港の年末年始は、旧正月の2月になります。しかも、毎年、旧暦の時期はバラバラ。来年のカレンダーとにらめっこ中です。

ただ、全く新暦のお正月は関係ない!!というわけでもなく、1月1日は休暇です。香港では12月31日は少し早めに帰宅し、1月1日は休暇、1月2日目からは通常勤務です。

一応、新年を迎えるにあたり、カウントダウンや花火といったイベントは多少ありますが、それ以外は特になく、通常通りの日々。

どちらかというと、新暦の年末年始より力が入っているのが、クリスマス。香港は中国とイギリス文化がミックスしており、クリスマス休暇があります。私の職場のボス曰く、クリスマス休暇前後は長期休暇を取る人が多く、新年のお正月シーズンよりクリスマス時期の方がビジネスは機能しなくなるとのこと。

香港には欧米系も多く住んでおり、母国に帰省する人も多いです。また、香港人もクリスマス休暇で旅行に行く人が多いので、航空券の価格は上昇中。

また、中華圏の香港のクリスマスイルミネーションは日本とは違う独特の雰囲気。わりと原色に近い色が多く使われるので派手さがあります。

日本では年末の特番や行く年来る年で年末年始を感じていましたが、こちらでは派手なクリスマスイルミネーションで感じます。

香港でクリスマスを楽しむのもオススメです。それにしても、毎年楽しみにしていた年末年始休暇がないのは残念です。私は今からこちらの年末年始の旧正月が楽しみです。

elly@香港

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ