今年は20か国・地域目となるチリと開始され、9月には21番目としてアイスランドとの間で始まる予定のワーキングホリデー。対象国の拡大とともにワーキングホリデー(通称・ワーホリ)への注目はどんどん上昇しています。
留学やワーキングホリデーにおいて最も関心が寄せられるのは時間と予算。時間については最大限に伸ばし、予算については最小限に抑えたい、というのが一般的。
こんな中、注目を集めているのが医療補償に特化した保険の利用です。

機内食の有無までを選択できる、ローコストキャリア(格安航空会社・LCC)の利用で航空運運賃を節約する感覚で、1年間で30万円以上すると言われる高額な留学・ワーキングホリデー期間中の旅行保険についても、その補償内容を選択することで保険料を半分ほどまでにも圧縮することができる「ローコストカバレッジ(LCC)保険プラン」は高い関心を集めています。

医療費の高騰とともに、各国ともビザの発給要件に保険への加入後義務化する動きが続いていますが、各国が求めているのはあくまでの「医療」分野の補償。手荷物の補償や賠償責任補償など、保険料を高める要因を取り除くことで、より実用的で安価な保険を利用しようという動きは、これからもより高まるものと留学・ワーキングホリデーの専門家は見ています。

もちろん、どのような内容の保険が適しているのか、専門性の高い分野ですので一人では判断しにくいところ。そのため「ローコストカバレッジ(LCC)保険プラン」のデスクでは専門家による相談窓口を開設し、電話やメール、LINEといった各種媒体を通じて手軽に相談を受け付ける体制を準備し、利便性を高めています。
年々、保険料が上昇し、さらに節約とはほど遠いイメージがあった留学・ワーキングホリデーの保険において、「ローコストカバレッジ(LCC)保険プラン」の登場は大きなインパクトを与えそうです。

▶︎注目される、ローコストカバレッジ(LCC)保険の詳細はこちら

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ