今はスマートフォン1台で何でもできますが、それに+αしたいのはパソコン。語学学校にしろ、現地の学校にせよパソコンを使う確率がとても高い。

街のカフェにはパソコンで作業している学生もいっぱいいますし、課題提出もパソコンからが一般的(もはや、グローバル的にそうですが)。現地で購入するのもいいですが、キーボードが日本仕様ではないため苦労するかもしれないので、日本で購入し持って行くことをお勧めします。

街歩きをする際にあったほうがいいのは、紙とペン。困ったら漢字か英単語を記載。香港人は英語を話せる人が多くいますが、発音が少し独特。まぁ日本人の発音も独特ですが。そのため、書いたほうが早い。タクシーの運転手は英語の住所がわからない人も多く、広東語の住所を伝えたほうがスムーズなので、乗車前に広東語の住所を調べて記載してするのがお勧め。

日常生活を送るうえであると便利なもの、うーん、ないのが正直なところです。日本のものは少し割高ですが、10HKDショップで手に入ります。物流やネットワークの発達により、日本と同じように生活できてしまいます。香港は住宅も狭いので身軽に生活するためにも日本から何でも持ち込まないほうが良さそうかと。

香港はゴキブリが多いため、害虫駆除アイテムとか持っていきたくなるかもしれませんが、航空法を考慮すると、現地調達が良いかと。

本当にあえて持っていくとしたら、薬。日本とは気候も食文化も違うため、体調を崩したときに安心する材料として飲み慣れた薬があると安心しますよね。疲れた時に現地の病院で頑張るのも疲れるかと思いますので。

いろいろと記載しましたが、SIMフリーのスマートフォンとパソコンがあれば何とかなりますし、それも現地購入可能です。一番の必需品は健康な身体と何が起きても動じない心かな。それがあれば香港生活飛び込めます!!

ライター:elly@香港

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ