香港に友人が来たら連れて行く場所を今回はご紹介します。
まず一つ目は茶餐廳(チャーチャーティン)。ローカルのレストランのことです。
ここでは香港名物のローカル朝ご飯である出前一丁(香港で大人気)、マカロニスープ、レモンたっぷりのレモンティー、超甘いケーキ等を食べることができます。お店によってインテリアも違うので目で楽しむことも。

二つ目は黄大仙(フォンタイシン)。香港を代表するパワースポットであるお寺。お線香を購入し、香港人に交じって香港式のお参りをして運気アップを目指しましょう。個人的には何かの節目にいつも行く心の支え的な場所です。

三つ目は金鐘(アドミラルティ)。世界有数の金融の町である香港。多くの銀行が金鐘にあり、独特な形の高層ビルを楽しむことができます。高級ブティックも沢山あり、ビクトリアハーバーを渡るフェリー乗り場がある中環(セントラル)までウィンドウショッピングもできます。

四つ目は競馬場。銅鑼灣(コーズウェイベイ)から歩いて少しのところにハッピーバレー競馬場があります。香港の思い出作りに一発当てませんか?お金を掛けなくても間近でレースを見て、熱狂的な雰囲気に圧倒されるのもいいかも。

最後は夜景!!王道どころはビクトリアピークから夜景。毎日混んではいますが、香港を見渡せます。また、香港は高層ビルが多いため、レストラン、ホテルのバー、はたまた友人の家から夜景を見渡せます。ちなみに我が家からは夜景は拝めません。夜景が見える部屋はお高いのです。

番外編としてはビクトリアピークからの朝の景色もいいですよ。朝焼けに照らされる高層ビル群、山々、海を見渡せます。時期は10月から12月がオススメ。湿度が低い時期の方が遠くまで見渡せます。

友人が来た時にお勧めできるとともに自分自身の癒しにもなるのであなたなりの5選を見つけてみてくださいね!

ライター:elly@香港

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ