ドイツに来てからの8ヶ月間、国内を色々観光してきました。
フランクフルト、ケルン、ハイデルベルク、ドレスデン、シュトゥットガルト、コンスタント…。
どの都市も本当に綺麗で感動しました。お城やドイツ建築を楽しみ、気軽にその芸術や歴史に触れることが出来ます。

ドイツに来る前、ドイツのお城はどれも似たようなものなのかなと思っていましたが、大間違い。
当たり前ですが、それらの建築様式全てに異なった歴史的背景があるんですよね。観光スポットには勿論、歴史の説明があるので、合わせて楽しむことが出来ます。
そして興味深いのは、その土地によって住人の雰囲気が全然違うこと。面白いことに観光客層も違うんです。ドイツをまわるなら、その空気感の違いを楽しむのもオススメです。
大きな都市はかなり国際的で、ドイツ人の方が少ないのではないかと思ってしまうほどですが、北部の小さな町はブロンズ髪のドイツ人ばかりだったりします。

さて、私は各都市を、家族・友人・ホストファミリーと観光したのですが、その際、車・ドイツ鉄道・バスを使いました。
車は言わずもがな一番融通が効く交通手段。公共交通機関や徒歩では難しいところをまわるならば、車は必須ですよね。自家用車の他、レンタカー、さらにはシェアカーなんていうのもあります。国際免許を取得した方は、スピード感のあるドイツバーンを楽しんでみては?
続いてドイツ鉄道。ヨーロッパの鉄道に密かに憧れを持っていた私、遠出の際一番利用したと思います。
大都市の行き来が容易で乗り心地もいいです。さらにドイツ鉄道には、居住州内のみ利用可能な格安一日乗り放題券があります。私が購入した時は25€でした! それを使って1日かけて州内の都市を巡るのもオススメです。
最後にバス。バスは料金が安い分時間がかかりますが、乗り心地も悪くないので時間がたっぷりある時はぜひ利用したいところ。夜間バスで長距離移動をして旅行すると言う人もいました。
さらに、節約旅行をするならば、鉄道とバスの切符を購入するタイミングも大事です。予定が決まり次第早めに購入するのが得策。全てではありませんが、航空券と同じように、出発時間が近づくにつれ、切符の値段が上がることが多いのです。
車・鉄道・バスを上手に組み合わせて、お得に楽しく観光しちゃいましょう!

ライター:yodan@ドイツ

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ