ドイツのお祭りといえば、“クリスマスマーケット”や“フォルクスフェスト”が有名ですよね。
ドイツ人は大のお祭り好き!夏は毎週イベントが開催されているんです。サマーフェストをはじめ、フィッシュマーケット、世界料理フェスト、ワインフェスト…、どのお祭りも大賑わいです。皆ビールやワインを飲みながら、美味しい料理を頬張ります。ダンスや音楽の生演奏を聴くことができたり、エアロビクスのショーが見れたりします(笑)。「体を引き締めよう!」とビールを飲む人たちにアピールしている光景がなんとも面白いです。また、可愛いグッズが揃うお店やアミューズメントパークのあるイベントも多いので、家族皆で楽しめます。

先日私は、バレエのパブリックビューイングに行ってきました。夏のイベントの一つで、広場に各々レジャーシートを敷きピクニック感覚でバレエ鑑賞ができます。中にはアウトドアチェアや宴会セットを持参する人もいて、皆楽しむための気合十分です。3時間のプログラムでしたが、本当にあっという間でした。『白鳥の湖』に魅了され、人間の本能を表現したダイナミックなパフォーマンスに圧倒されました。
ダンサーは自由に表現して、観客はそれを自由に感じていて…、その光景がとても美しかったです。“芸術は高貴なもの”という感覚があったのですが、自分の芸術に対する“ハードル”が少し下がった気がします。ドイツでは、芸術をより身近に感じることができます。芸術に関する”分野と習慣”が異なるヨーロッパ。ぜひ現地に来て直に感じてほしいです。

冬は日照時間が短く、16時には暗くなるドイツ。そのため春夏到来の喜びは一入です。人々は太陽の光を浴びることが大好きで、晴れた日は、皆ここぞとばかりに外に出て、ビアガーデンや日光浴をしています。そしてお祭りやアウトドアを存分に楽しむのです。

ライター:yodan@ドイツ

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ