超絶品高級グルメからB級グルメまで、香港は世界中の美味しい食べ物が食べられる場所。東京と言う声もあるけど、個人的には香港だと思います。東京にはないイレギュラーさがここにはある。

香港でのB級グルメの代表がワンタン麺、お粥、マカロニ、米線、デザートでいうとエッグタルト、亀ゼリー、牛乳プリンなどなど。私がここで断然お勧めしたいのは米線。上海や広州では未だに私は見かけませんが、発祥は中国雲南省。どんな食べ物かというとフォーに似た食感の麺。麺はお米からできていて、素麺よりもちょっと太め。

米線は香港人のランチの定番。ランチタイムは香港人で溢れかえっています。ちょっと難点なのが、運営しているのは割とローカルのお店のため、英語が通じないこと。カスタマイズ可能なお店とメニューとして決まっているお店があり、カスタマイズが可能なお店では紙に注文を書き込みます。酸っぱさ、辛さ、トッピングを選べます。私は酸っぱめ、ちょい辛めにして、餃子をトッピング。味の決め手は梅菜。日本でいうとザーサイみたいなもの。言い表せない味なのですが、これが病みつきに。週に1回食べたくなる味です。

もう米線中毒。お値段も50HKDくらい。香港のランチとしてはお安め。
この記事書きながらもうお腹は米線モード。食べに行かないと!結構辛めなのでお腹が弱い人は「少々辣」と「しうしうら」。カントン語で少々辛く。

他にも毎日毎日新しい食べ物が上陸したり、発売されたり。あっという間にお店が開店して、あっという間に閉店するのが香港。潰れてしまったり移転を繰り返すお店が多い。去年は液体窒素アイスクリームが登場してました。

自分なりのB級グルメを見つけて、みんなでシェアして楽しむのも香港の食の楽しみ方の一つ。ちなみに冬は断然、土鍋炊き込みご飯。自分で好きな具材を選んで牛肉の角煮のタレ味みたいなご飯を楽しめます。

ライター:elly@香港

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ