ニュージーランドワーホリ
ここニュージーランドでは、自然がとても豊かでその自然を様々な形で楽しむことが出来ます。

日本ではなかなか出来ない体験が盛りだくさんなので、是非挑戦してみることをおすすめします!

それでは、筆者が選んだこれだけはやっておきたいアクティビティをランキングにしてご紹介します。

1位 バンジージャンプ

ニュージーランドは世界でも有名なバンジージャンプの聖地。発祥の地でもあります。(1988年11月開設)

43m、134m、最後に水に浸かりたいなど様々なチョイスが出来るのも魅力のひとつ。自分が飛んでいる姿のDVDや写真もお土産に購入出来ます。

筆者は134mからジャンプしましたが、飛び降りる前が例えようの無い恐怖感が押し寄せて来てなかなかジャンプすることができませんでしたが、次のタイミングでジャンプ出来なかったら全額パーになると聞いて飛びました。

飛び降りてからは何とも言えない爽快感!でもゴムが戻る時に伴う恐怖感はやっぱりありました。でも何回かすると慣れます。

最初の勇気が肝心ですね。飛び降りた後は、証明書のようなものと記念品(Tシャツなど)がもらえる場合もあります。(有料の場合もあります。)

2位 スカイダイビング

ニュージーランドの広大な自然と真っ青な大空を体感しながら、バディ(インストラクター)とともに飛びます。

これも筆者の経験からすると、最初の勇気が肝心です。でもバンジージャンプよりは怖くありません。というよりもインストラクターが一緒に飛んでくれるので、飛ぶ勇気が余程無い限りは、有無を言わさず飛ぶことが出来ます。これも終わった後に、証明書や記念品がある場合が多いです。

3位 ジェットボート

港に行くと結構な頻度で見かけるあの看板のアクティビティ。

時速80kmのスピードで豪快に水しぶきを上げながら駆け抜けるスリル満点なアクティビティ。

約1時間ですが、かなり濡れますので夏がおすすめです。360度迫力スピンというだけあって激しいです。

筆者は、酔いやすいので酔い止めを飲んで行きましたが正解でした。ジェットコースターなどが好きなひとにはかなりおすすめです!!!

いかがでしたか?他にもラフティングやシーカヤックなど沢山自然に親しめるアクティビティが満載のニュージーランド。

滞在する際は、是非いろんなアクティビティを楽しんでみてくださいね!!!

Mii@NZ

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ