150808_KR
日本でも、ゴールデンウィークやお盆、お正月など国民の祝日大連休による国民大移動の時期は、どこに行っても大混雑して、交通渋滞に悩まされたり、飛行機のチケットや宿等が取りにくい時期がありますよね。

韓国も同じで、夏休みやお盆はみんな休みになるので、観光スポットは混み合います。

ちなみにお盆は旧盆なので、毎年日付が変わります。

その時は日本の三が日のように、普通の商店が閉まってしまうので、食料等の買い置きは前もってしておくと、慌てずに済みます。

ワーキングホリデーで滞在してるのですから、ホリデーを満喫するためには、わざわざ混み合う時期に旅をせず、時期をズラして旅をするのも旅のコツといえるでしょう。

ひとまず行きたい場所を決めたら、ネットで情報収集します。日本語で紹介のあるサイトが出ると手っ取り早いですね。

韓国語で検索すると、韓国人のブログの中には、目的地に行く過程を丁寧に写真入りで説明しているものがあるので、そういうのを参考にしたり。

現地では、そこら辺に歩いている人に、おいしいお店やおススメスポットをガンガン聞くのもポイントです。

韓国人は、おしなべて皆、教えたがりで郷土に愛着を持っている人が多いので、嬉々としていろいろ教えてくれます。

日本でもよくタクシーの運転手においしいお店を聞くといいと言われますが、おいしくて安いお店(食堂)の前には休憩中のタクシー運転手がたむろしているのを見ると、あながち間違っていないのではないかと思います。

その土地の食べ物を食べるのはもちろんのこと、道中は韓国式海苔巻き(김밥/キムパプ)を買って、食べながら電車に揺られるというのもオツです。

ちなみに韓国は駅弁が発達していないので、コンビニでも売っていますが、キムパプ天国等の海苔巻きチェーン店で注文して、その場で巻いてもらったものを持っていくのがおススメです。

ミヤケ印@ Seoul

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ