ニュージーランドワーホリ
ニュージーランドで夜遊び、基本夜型ですが最近は仕事のシフトが毎日違うので昔程夜遊びが出来ていません。

住んでいる場所によっても夜遊びの仕方が変わってくると思います。

例えば地方に行けばクラブも無いですし、カジノだってありません、なので自然とパブやレストランがクラブ化します。逆にオークランドだとかなり充実したナイトライフが送れるのではないでしょうか?

私がよく行くのはKarangahape road、通常Kロードにあるクラブ。あの辺はオカマなおねえさん(いや、おにいさん?)が集っていたり、ちょっと露出が激しめなお姉さんがいたり、既に出来上がっちゃったおっさんがいたりと、日本で言う歌舞伎町みたいな感じです。かなり小規模な歌舞伎町ですが。

シティの中心にあるので、ナイトライダーと呼ばれるバスが週末は24時間運行していたり(Northshore行き)とりあえずアクセスが非常に簡単なのでおすすめです。

アジアンクラブと呼ばれるアジア人が集うクラブもあったり、ニュージーランドのマルチカルチャーをひしひしと感じます。

入場料はとられたり、とられなかったり。とられても大体10ドル~20ドル程。高いのはやっぱりお酒ですね。

女性の場合は入場料がとられない事が殆どです。男性の場合は男女比率のバランスをとるために入場をそもそも断られたりする事も。

人気があるクラブやバーは、11時位までに入っておくのが無難でしょうね。

金曜日と土曜日がかなり混み合い、そして水曜日に少々混み合う程度というのが普通です。私は金曜日の夜に残ったエネルギーを全部発散させて、土曜日と日曜日はちょっと美味しいもの食べて充電というのがサイクルになっています。

もう一つのおすすめがViaduct、ヨットが集まっている周辺ですね。丁度ANZ銀行やCorpthorne Hotelが近くに有ります。

あの辺もクラブが多いです。まずはSnap Dragonというクラブで待ち合わせして、数本飲んで出来上がったら周辺のクラブを何軒か行っていました。今ではそんな元気も…ありませんが。

Latinの方々が集まるクラブもあの辺に集まっています。また持ち歩く物ですが、スリが結構多いので財布をまるごと持っていくのはお勧め出来ません。

女性ならばEFTPOSのカードや必要最低限の携帯電話等をクラッチバッグに入れて持っていったり、男性ならば使うだけの現金、もしくはEFTPOSのカードを財布に入れて持っていくのがおすすめです。

またバッグですが、夜中・昼間にもかかわらずひったくりが多いので出来るだけ道路側でない脇に抱えるようにして持ち歩くのが良いでしょう。

クラブへ行くのは良いのですが、殆どシティの中心に集まってしまっているのでオークランド郊外に住んでいる人にとってはタクシー代もばかになりません。40ドル~60ドル程かかる事も!

Ellie@NZ

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ