デンマーク作戦
デンマークも他欧米と同じく、クリスマスが一年で一番大きなイベントです。もともとはキリスト教には関係なく、冬至が過ぎて日がだんだんまだ長くなることを祝うイベントだったようですが、それにキリストの生誕祝いが重なって今のクリスマスとなりました。

12月に入ると人々は既にクリスマス気分で、毎週末のようにJulefrokostと呼ばれるクリスマス会が開かれます。

食べるものは豚の背中の丸焼きであるフレスケスタイや、鴨が一般的。それに茹でたジャガイモやそれをさらにカラメルであえた、ちょうど日本の大学イモのような Brune Kartofler、赤キャベツなどが添えられます。

これらは一般的な夜のメニューで、これが昼メニューになると黒パンのオープンサンドイッチであるスモーブロー、これには様々な種類のニシンが添えられるのが典型的なクリスマススモーブローです。

それに、ジャガイモの蒸留酒であるスナップスは必需品。もちろんワインやビールもたっぷり開けられます。

デザートにはミルク粥にサクランボのソースをかけたRisalamandeで、一皿だけアーモンドの粒を隠してそれを当てた人はエクストラでプレゼントがもらえるのが習慣です。

23日から26日ぐらいまでがクリスマス本番で、ちょうど日本のお正月三が日のような感じで連日家族を訪れて、Julefrokostが開かれるのですが、その中でも一番重要な日は24日。もちろんプレゼント交換も欠かせません。

デンマークでは家族間で欲しいものを書いたリストが回され、プレゼントにはサプライズの要素はあまりなく、あくまでも実用性を求められます。

なのでサイズが合わなかったり、ただ単に気に入らなかったり(!)しても返品交換は暗黙の了解。クリスマス後にはお店に返品しに来た人でごった返すのもデンマークならではの光景ではないでしょうか。

私はもらったものを他のものに交換するって未だに少し抵抗があるんですけどね…デンマーク人は全く悪気なく簡単にプレゼントを交換してしまいます(笑)。

本物のもみの木のクリスマスツリーの周りを家族で手をつないで囲み、クリスマスソングを歌いながらグルグル回るのも楽しい習慣。そしてこの日ばかりは教会へ足を運ぶデンマーク人も多いです。

ワーホリで来ていると、ホームステイなどをしない限りなかなかデンマーク人の典型的なクリスマスに直に触れられる機会はないと思いますが、もしチャンスがあればぜひ一緒に楽しんでみて下さいね。

ではみなさん素敵なクリスマス&年末年始をお迎え下さい。来年もワーホリWEBをどうぞよろしくお願いします。

ruru@デンマーク

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ