韓国ワーホリ

韓国は日本同様、チップはありません。お買い物やホテルでもチップを気にせずお買い物できます。

ホテルのラウンジなどでは、会計の中にすでにサービス料が含まれていますが。。。韓国で外食するときに気をつけたいのは、飲食店で『先払い制』のお店があることです。

特に回転率の高そうな、メニューも単品しか扱っていないようなお店などでは今も先払い制のお店があります。

テーブル席について、注文して一息つきたいところで『お金払ってね』と言われるので、落ち着きませんが☆(苦笑)

日本系のラーメン屋さんなどでは、食券機で食券を先に買って注文するスタイルもありますが、これは我々日本人にとっては、馴染み深いと思うので問題ないと思います。

キンパ天国などのいわゆる『ブンシク(キンパやラーメンなど軽食的な扱いの食堂)』に行くと、お水がセルフサービスだったりします。

キムチやユクス(具のないスープみたいなもの)もセルフになっていて、自分でとりに行くシステムだったりします。

だいたいお店の壁とかに注意書きが書いてあったりしますので、お店全体をそれとなーく良く見回してみるといいと思います。

お水がセルフの場合は、紫外線で消毒する医療系のケースの中に、ステンレスのコップが置いてあることが多いので、すぐ目に付くと思います。

食事の後に、レジ横にインスタントのミックスコーヒーが無料で飲める場合もありますが、最近は、他のカフェに行ってお茶することが多いので、あんまり利用しなくなったかなと思います。(今でも私の主人はレ ジ横のが好きみたいですが。。。苦笑)

量が多くて料理が残ってしまった場合は、だいたい『ポジャンヘジュセヨ(包んでください)』で、持って帰ることも可能です。

ただし、ブッフェなどではできないことが多いので(勝手に持って帰る人は多いかも☆)、気をつけてください。

また、日本のように『行列のできる店』が美味しいとは限りません。というのも、韓国の人は、まず行列が好きではないので並んでまで待って食べようとは思わないからです。また、並んでいるからと言って美味しいとは限らないので要注意です。

『マッチブ(美味しいお店)』は、韓国のブロガーのブログをチェックするか、口コミ情報をこまめに収集することですね。

美味しいもの好きのグルメな友達がいれば、心強いですね!余談ですが、韓国では『出前・宅配サービス』が充実してますので、どこにいても出前が可能です。出前可能な料理の種類も豊富です。山の中や海辺でも出前可能なのは、見てて興味深いです。

イロミ@韓国

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ