敬虔なカソリック国のIreland。クリスマスはきっととても素敵!と思いを馳せる方も多い事でしょう。でも、残念ながらハズレです。
と、言ってもデパートなどはHalloween後からクリスマス一色になり、買い物客で毎週待つ賑わいます。街中も電飾で飾り付けられ、気分はすっかりクリスマス。Main roadであるO’connel Streetのもみの木はクリスマスツリーとして飾り付けられ、そのほかの大きなShopping street Grafton streetにも巨大なツリーと電飾が現れます。
11月の終わりごろからクリスマスマーケットも小さいながら出現しますし。海外のクリスマスを堪能できます。

しかし、ヨーロッパはクリスマスは『家族達と過ごすもの』
ヨーロッパから来ている人たちは皆、家族と過ごすため帰国します。12月24日はクリスマス前夜。交通機関は夜8時を超えた時点で全て終了します。元々お店などが閉まるのが早いDublin。Pub以外はどこも開いていないような感じになります。

12月25日、公共交通機関は全面ストップ。最近ではタクシー会社も増えて、開いているところも増えたので、移動にはそれほど困らなくなりましたが、街もがらーんとして、人がまばらーに歩いているのを見かけるくらい。

12月26日もこれまたお休み。公共交通機関は休日シフトで運行されますが、街は静かなままです。

そう、この3日間は、友人たちとクリスマスパーティーなどを開いて過ごすのが正しいIrelandのクリスマスの過ごし方。教会のミサに参加するのもいいかもしれません。

そして12月27日。この日からSaleが開始。街は再び活気つきます。
街中のお店がSaleを同時に開催するので、とても賑やか。このSaleは年始まで続きます。

留学生などにはちょっと退屈な日かもしれません。1月前くらいまでに予約すると、海外旅行がお安く行けますが、やはりどこもかしこもクリスマスは家族行事なので、家かHotelかの選択肢になりそうです。イルミネーションを観に出かけるのもいいかもしれないですね♪

ライター:yuki@アイルランド

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ