アイルランドは最近家賃の高騰が半端ないです。特に首都であるダブリンの家賃は、街中であればあるほど高くなっています。
例えば、数年前であれば、シェアハウスでシングルルームで街中でも€450-600/月。シェアルームで€300-450/月位でした。街から離れれば、シェアルームであれば€250/月位で有りましたし、シングルルームでも€350-400/月位でした。(電気代などは抜きです)
ところが今では、街中のシェアハウスでシングルルームだと€600-800/月位ですし、シェアルームでも€400-600/月位になってて驚きますし、街から離れても€100-150/月位上がっています。

若い男性がちょいちょい言っているのは、(確実に違法ですが!)2LDKに5-8人位住んでいるフラットで、月€250位で住んでいるという兵もいます。安さだけを求めるのなら、まぁ、ありなのかもしれませんが・・・あんまりお勧めしません。

ダブリンは住居は確かに高いですが、他の地方に比べて仕事も多いですし、アジアンマーケットなども多いので食生活は問題なく過ごせるかと思います。また、レストランや飲食店も多いので、安いお店も他の地域に比べたら多いです。(高い店も多いですけど)
また、企業も多く、ワーキングホリデーのビザでもし本採用されたら、そのまま労働ビザに移行できる可能性も他の地域に比べたら多いと思います。日本の企業もありますし、アメリカ、ヨーロッパの企業も沢山あるので、チャンスは多いと思います。
また、学校も多く、語学学校だけでなく、専門学校や大学も多いです。学ぶ機会も多いかと思います。以前はGalwayやCorkがポピュラーでしたが、経済の悪化に伴ってDublinが今、ワーキングホリデーの人気のスポットになってきてると思います。

ライター:yuki@アイルランド

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ