カナダワーホリ

カナダには、残念ながら日本のような自転車はありません。近所に行くのに手軽に乗れる自転車というのはなく、そのほとんどが 、自転車というよりは本格的なマウンテンバイクになります。

当然、歩道を自転車が走る事はできず、車道をヘルメットをかぶって走ります。なので、ちょっとそこまで、で乗るのはあまりにも手軽ではない感じなのです。

最近は、車の使用を減らして出来るだけ自転車に乗ろうというキャンペーンをやっていて、ダウンタウンの中心地をはじめ、たくさんの路上駐車のスペースをつぶしてバイクレーンを作っています。

慣れないうちはこの車道を走るというのがとても危ないので、まずは車の少ない道路で練習をしたほうが良いかもしれません。

一番危険だなと感じるのは、車が右折するとき。右側通行なので、必然的に自転車も車の右側を走ることになります。交差点に差し掛かったときに右折車がいつも自転車に注意してくれているとは限りませんので、車に巻き込まれないよう注意が必要です。

また自転車自体がかなり高価なものになります。ヘルメット装着は当たり前なので、これもはずせません。

そして何より自転車が爆発的に普及しない理由が、雨。バンクーバーは1年の半分以上が残念ながら曇り、もしくは雨で、この雨が自転車やバイクを普及させない原因の一つになっています。

冬場はほとんど太陽を見る事がなく、ひたすら毎日、雨が降ります。

1年のワーホリ中に高価な自転車を購入しても、雨で乗れないならあまり利用する事が無いかもしれませんが、夏は別です。

夏になると、公園等の海沿いバイクレーンを走るのは至福のとき。そんなときは、是非レンタルバイクを借りてみてください。大きな公園等の近くには、レンタルバイク屋がありますので、気軽に借りれます。2人乗りバイクなどもあって、束の間のバイク、楽しめますよ。

momo@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ