カナダワーホリ
カナダには五代銀行なるものがあります。RBC、CIBC、TD、Scotia Bank、BMOです。

長期滞在するのなら、こちらの銀行で口座をつくることになると思います。

住む地域や使い方によってプランが変わるので、色々と比較してから口座開設をすると良いと思います。

例えばTDは日本語対応のデスクがあったり、比較的ATMも多いようです。同じ銀行内でも、口座の維持費がかかるプランとそうでないものがあります。

口座の種類はChecking AccountとSaving Accountがあり、前者が日本で言う所の普通預金です。こちらでは一般的な小切手を発行できる口座でもあります。

その他、次にお話するデビッドカード使用時に、お金が引き落とされる口座でもあります。後者は貯蓄預金です。日本よりも利率がよいプランもありますよ。

余談ですが、こちらのATMで口座入金をするときは手動なんです。お金を封筒にいれて預けます。そのため、すぐには口座に反映されません。日本のATMって賢かったのだと実感しました。

さて、本題の銀行カードについてです。銀行で口座開設すると、キャッシュカードには必ずデビッドカードの機能がついています。

カナダでは、クレジットカードと同じくらいデビットカードの使用が流通しています。

むしろ、クレジットが使用できないお店でもデビットはOKということも多いですよ。

決済したその場で銀行の口座からお金が引き落とされる仕組みなので、使いすぎないのがメリットと言われており、大量の現金を持ち歩くのを嫌がる人をはじめ、多くの人が利用しています。

私も、買い物履歴がインターネットで確認できるのが嬉しくて、少額でもデビットを使うことが多いです。

使用時には、サインではなく4桁のPINコードだけで良いのも人気です。日本でも最近はCMでデビットカードの安全性と利便性が紹介されていますよね。

まだ使ったことがない方も、カナダに長期滞在するなら、便利なこのシステムに是非トライしてみてはいかがでしょうか?

Nataly@カナダ

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ