カナダワーホリ

トロントを拠点としている際に、ぜひ訪れていただきたい場所をご紹介します。大きく分けて2つあり、ひとつはカナダ東部のフランス語圏、もうひとつはアメリカ最大の人口を抱える都市です。

トロントから2泊3日、あるいは3泊4日の旅行が組まれることが多い、東海岸きっての観光ゴールデンルートがあります。

それがカナダの首都オタワ、フランス文化が多く残るケベックとモントリオール、フレンチカナダと呼ばれる地域です。

トロントからバスに乗って、ガイドさんに連れられてこの3都市を回るツアーは王道であり、トロントニアンは一度は訪れたことのある場所です。

カナダの首都をトロントだと勘違いしている方も多いのですが、広大な国土をもつカナダの首都は19世紀からずっとオタワにあります。

歴史的に非常に価値のある建物や博物館がたくさんあるのはもちろんですが、石畳が多く残る美しい町並みは、私たちを感動させてくれます。トロント市内にもステキな雰囲気な建物はたくさんありますが、ケベックの旧市街には独特の雰囲気があり、特別な場所だと感じます。

また、カナダの郷土料理としてあげられるプーティンは、ケベック出身ですので、本場のプーティンが食べられますよ。

もうひとつのオススメはお隣の国ニューヨーク!高速バスでは10~12時間かかりますが、MEGA BUSやGREYHOUNDのキャンペーンを使うと、往復$1なんて時もあるくらい格安で行けます。

バス停がどちらも町の中心地なのも嬉しいです。時間がないという方は飛行機を使いましょう。片道1時間半でつきますよ。

パッケージツアーもよいですが、ガイドブック片手に個人で観光するのもよいものです。セントラルパークやメトロポリタン美術館など有名観光地がたくさんあるため、1週間くらいお休みをとってこれるとよいですね。

トロントにいるからこそ行きやすい観光地です。是非足を伸ばしてみてくださいね。

Nataly@カナダ

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ