皆さんは旅の持ち物の準備はすぐに決まる方ですか? 筆者はより軽量にするためにギリギリまで色々と悩むタイプです笑。さて、今回はメルボルンでの必須アイテムを筆者の独断と偏見でご紹介していきたいと思います

オーストラリアの中でも天候が変わりやすくなかなか安定した天気が続かないメルボルンではまず、傘が必須だと思います。ただこちらでは日本のような傘はほとんどありません。そもそも少し降っていても傘をさす人はほとんどいません。たまに傘を見かけることもあるのですが、ゴルフで使う傘のようにとても大きくなかなか持ち運びが大変そうです。
折りたたみ傘も売っているのですが、高額な割には壊れやすくデザインも可愛いものが無かったりします。筆者が大学の時に日本で買った折りたたみ傘は8年程経った今でも使えているので、折りたたみ傘は日本で購入するのがベストだと思います。

意外に歯ブラシも日本の歯ブラシに慣れている人は無くてはならない必須アイテムだと思います。無くなったらこちらで買えばいいという考えがとても浅はかだったと後で思い知らされます笑。何しろ、ヘッドがとても大きくゴワゴワしていてかなり磨きにくいと思いました。
オージーの彼から言わせると大きいからすぐ磨けるじゃん(磨ける面積が広い)!と。面倒くさがりなオージーが言いそうなセリフですね。

オーストラリアの紫外線は本当に強いので、必ず日焼け止めを塗らなくてはいけないのですがやはり日焼け止めも筆者が試した限りだと日本の製品が一番です。SPFが高く品質が良いものをお勧めします。こちらのものだと匂いやベタつきがどうしても気になってしまいます。家の中にいても紫外線はガラスを通るので日焼け止めは基本毎日塗っておいた方が良さそうですね。

ヒートテックなども、こちらで買うと2、3倍くらいするので、日本でセールの時にまとめ買いしておいて持ち込むのが賢明ですね。メルボルンの冬はとても寒いのでこれも必須アイテムです!ウルトラライトダウンジャケットもメルボルンの変わりやすい気候に対応しやすいので筆者は年間を通してお世話になっています。

いかがでしたか?
欲しかったものがなかなか見つからなかったり、製品がなかなか想像しているものと違っていたり海外生活で普段自分が使っている物を探すのは大変だと思います。いろいろ書きましたが機能が一緒なら品質や値段は気にしないという人はそれでも全然ありだと思います! 筆者も妥協してもう日本の物で無くてもいいやと思って使ったらなかなか良かったりしたこともあるので。
とりあえず、上記で挙げた物は筆者が思う日本の必須アイテムたちなので参考になれば幸いです。

ライター:mii@Aus

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ