南半球のクリスマスは、日本と季節が逆なので真夏です。街もクリスマスの装飾やクリスマスソングが流れているものの、日本のようなしんみりとした雰囲気のあるクリスマスムードは全くと言っていいほどありません。
また、日本でクリスマスと言えばカップルのイベントや友人同士でパーティをしたりするイメージが強いですが、オーストラリアでは親戚などを集って家族でお祝いするのが普通です。バーベキューやホームパーティをして過ごします。ほとんどのお店はこの期間は閉まってしまうのでご注意を。

さて、クリスマスのディナーと言えば何か特別なごちそうを想像しますがこれがなんとメインディッシュはハムだったりするのです!! 私のパートナーはオージーなのですが、毎年家族でパーティを従兄弟の広いお家でしています。
綺麗にクリスマスのデコレートされたテーブルに並ぶのはターキーやチキンなどと、メインは大きなローストハムなのです!ローストハムはお父さん達が時間をかけて作るのですが(オージー風、男の料理ですね!)、周りが黒く香ばしくて中がジューシーなハムは、日本でいう普通のハムとは違いなかなかダイナミックでとても美味しいです。(ただ、実は筆者、昨年このハムの周りの硬い部分で去年歯が折れてしまった苦い思い出があるので今年は気をつけて食べなくてはと危惧しているところです。)
このローストハムにはなんとクランベリージャムを付けて食べるのですが、クランベリーの酸味が見事にローストハムの旨味と合って相性抜群でした。このような感じで、ハムやその他のお肉達と野菜の付け合わせ(ポテトやコーン、人参など)を食べながらみんなで近況を語り合ったりします。

また、クリスマスクラッカーと言ってイギリス式のクラッカーで両方に引く所があり、どちらかにおもちゃが入っている見た目も可愛らしいクラッカーを引っ張り合うのもクリスマスの楽しみの一つです。このクラッカー、当たった側にはなぜかなぞなぞの紙のようなものも一緒に入っているのですが答えが質問の後に間髪入れずに書いてあるので、問題よりも答えの方に目が行ってしまうのがクイズ好きには少し残念だったりします笑。

デザートは、クリスマスプディング(ドライフルーツが入ったどっしりとしたケーキ)やパブロバ(メレンゲを使ったオーストラリアの伝統的なケーキ)を紅茶やコーヒーと一緒に食べたりします。伝統的なクリスマスプディングにはコインや指貫などが入っていて、当たった人の来年の運勢が分かるようになっているようです。面白いですね。

いかがでしたか? 是非日本と違う陽気な真夏のクリスマスを楽しくお過ごしください!
日焼け止めを塗るのもお忘れなく!

ライター:mii@Aus

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ