皆さん、ルビーチョコレートはご存知でしょうか?筆者は最初見た時、なんて美味しそうなストロベリーチョコレートだろうという印象でした。絶対何かしらの着色料やベリーの果汁が入っていると思ってしまうほど綺麗で鮮やかなピンク色のチョコレートなのです。しかし、このチョコレートはルビーカカオ豆という天然で赤い色のカカオ豆から作られていて、着色料やフレーバーも添加されていないのです。

なんとこのルビーチョコレートは、ダーク、ミルク、ホワイトチョコ開発以来、80年ぶりの登場というのもまた驚き!そこで、筆者も早速味わってみました!
口に入れると、その酸味に驚かされます。前提条件を言うと、最初に目で見たときに、明らかにストロベリーっぽいチョコなのですが、ストロベリーとは思わず、天然のカカオだと思うことが大切だと思いました。ベリーのようだけどベリーでは無いスッキリとした芳醇なフルーティな香り、かと思えばラストにビターな後味が残ります。見た目と反してスッキリした味わいなので甘いものが苦手な方も気軽に楽しめるチョコレートだと思います。

このルビーチョコレートが味わえる場所として、筆者が最初に訪れたメルボルンCBD内にあるSan Churroというおしゃれなチュロスカフェがあります。REAL RUBY CHOCOLATEと大々的に謳っているのですぐ見つけられると思います。ショコラはもちろん、ホットチョコレートやチュロスにこのルビーチョコレートをディップして食べるデザートもとても美味しかったです。
こちらのローカルの店舗(チャドストーンショッピングセンター内、ウォーターガーデン内の二店舗)ではなんとイヤフォンやヘッドフォンを付けて、二部構成でこのルビーチョコレートを楽しむというなんとも新感覚なイベントもあります。(1h$35:要予約)

また、メルボルンセントラル内のKitkat Chocolatoryでもこのルビーチョコレートを食べることが出来ます。こちらのルビーチョコレートは上にドライストロベリーやラズベリー、カラメルメレンゲがデコレートされていてさらに可愛くなっています。

いかがでしたか?このルビーチョコレート、見た目がかなり可愛いので女の子受けもバッチリ。インスタ映えもかなり期待できます!!
スイーツは好きだけど、少し変わったものも試したいという方にぴったりです。日本でも流行りかけているこのルビーチョコレート、是非メルボルンで先取りしてみていかが?

ライター:mii@Aus

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ