日本はだんだん暖かくなり始めているようですね。ここ、南半球のオーストラリアでは季節が日本と逆になります。そのため、だんだんと夏から秋になり始め、肌寒くなってきました。

筆者が住むメルボルンはなんと1日のなかに四季があると言われ、なんと最低気温16℃、最高気温が40℃の日もあったりと、凄まじい気温差がある事も。今回はそんなオーストラリアはメルボルンの気候と、暑さや寒さ対策ついてご紹介します。

まずメルボルンの夏は大体12〜2月で平均気温が12〜24℃で暑い時は30℃以上の日が続く場合もあります。ただ、日本のようにじめじめと湿気があるわけでは無くカラッと乾燥していて、体感気温はそこまで暑くはありません。40℃の日はさすがに暑いですが。
日向と比べて日陰に行くと急に寒くなったり、電車やトラム、レストランなどは冷房が効きすぎていたりするので、カバンなどになどに一枚、羽織りものがあるととても便利です。また、たまに夜に雨が降りますがそんな日は要注意。次の日は気温が下がります。

冬は6月から8月で、びっくりするほどずっと曇りが続き、はっきり言って憂鬱な時期です。雨や曇りで、しかもかなり寒い。ワーホリ時代にメルボルンの冬を過ごした時は、これは早くここを出なければ鬱になってしまう・・・と、ずっと思っていたほどでした。
とりあえずヒートテックなどは必須で、あとはユニクロのダウンやコートを持っていれば乗り切れられます。おそらくメルボルンの冬がそのような印象なのは街に古い建物が多く、夕方になるとそれらが少し暗い雰囲気を醸し出し、雨や風、また寒さがそれを助長させているような気がします。また、折りたたみ傘も持っていると急な雨に対応できます。また、やはり日本製の方が丈夫で長持ちします。雨がよく降るので、靴や上着に防水スプレーをしておくと便利です。

ちなみに秋は、夏が終わり、あれ?最近あんまり暖かい日が来ないなあ?という間にはもう秋になっていてあっという間に冬になっているという、なんともあまり印象が強くない季節です。服も長袖などで十分ですが、結構肌寒いというのに、周りにいるオージーは半袖やノースリーブだったりと季節感がよく分からなくなります。
ちなみに筆者のオージーのパートナーは家では年中パンツ一枚です・笑。筆者はとても寒がりで、たまに家でもダウンを来ているのですが、その差が国境を感じさせます。

いかがでしたか? オーストラリアは広いので場所によっても気候が変わります。ただ、日本と気候が逆なのは一緒。筆者が住むメルボルンは南極に近く冷たい風が吹いてきているので、北の方のクイーンズランド州と比べればそれはとても寒くなるわけです。そのような経緯から、時期を考えてオーストラリアをラウンドしながら移動して行くのもいいかもしれませんね。
暑さ・寒さ対策をしっかりして快適なワーホリ生活をお過ごしください!

ライター:mii@Aus

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ