ワーキングホリデーに行くにあたり最初に購入するものはといえばやはり、飛行機のチケット!!今はLCC(Low Cost Carrierの略です。知っていましたか?)が日本国内でも幅を利かせる時代になり、昔よりは格段に安く、気軽に飛行機を使って移動出来る世の中になりました。
その代名詞とも言えるのがやはりジェットスターではないでしょうか? 日本では国内線を中心としたジェットスター・ジャパン(カンタス航空や日本航空などが出資)として有名ですが、オーストラリアとの路線を運行するジェットスター航空はオーストラリアの航空会社です。

そして、このジェットスターはもともとお安いにも関わらず、頻繁にセールをしています。往復4万円以下で成田〜シドニー間のチケットが取れるということもよくあります。セールは一般的に乗客の少ない期間に行われます。日本でいうと正月、ゴールデンウィーク、盆休みなど日本の大型連休の後に安くなる傾向にあります。
また、日本と同じようにオーストラリアにも大型連休があり、その時期は多くのオーストラリア人たちが日本に訪れるためにチケット代が高くなります。特にイースター(3月の下旬から4月の上旬)の期間は高くなるようです。

筆者の住むメルボルンでは、2014年5月から成田へのジェットスターの直行便が就航しました。それまでは、他のLCCでマレーシアのクアラルンプールに24時間ストップオーバーしてから成田に行くなど、安く日本に行くには様々な場所を経由しなければならなかったり、空港のベンチで寝たりと色々な労力をかけねばいけない時もありました・泣。

また、LCCでは食事やブランケット、無料の映画などは付きません。筆者はリュックの中には本、ラップトップには見たい映画などをダウンロードしておき、ひざ掛けにもなるストール(国際線の機内は大体寒いです。)、チップスやナッツバーなどのお菓子(空港でチップスなんかを買うと小袋で3、4ドルしますが、スーパーでは1ドルくらいです。)、空のペットボトル(空港にはペットボトルの給水場がよくあります。また、機内でもフィルインしてくれます。)を入れ、空港だと割高になる買い物を抑えていました・笑。せっかく安くチケットを買うのなら、他にお金をかけたくないのが普通ですよね・笑?

いかがでしたか? 安いチケットを手に入れるには時期とタイミングが重要ですが、やはり2ヶ月くらい前から様々な航空会社の値段などを比べる必要があります。筆者はスカイスキャナーなどの検索サイトを使っています。しかし、経験上ジェットスターのほうが結局安かったことの方が多い気がしました。
これからオーストラリアでワーキングホリデーをする皆さん、是非上記のことを参考にして、お得にチケットを手に入れられるといいですね。

ライター:mii@Aus

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ