さて、オーストラリアでは皆さんどのようにして支払いをしていますか?
日本ではまだまだ現金で支払うことが多い中、ここオーストラリアでは現金よりもカードを使って払うのが主流です。今回は筆者が感じた、カードと現金どっちが便利でお得なのか?ということについて紹介してきたいと思います。

筆者もこちらに来る前は、長財布に小銭、お札が入っているというスタイルが普通でした。しかしこちらでの生活が長くなるにつれ、お財布がどんどん小さくなり、今ではなんとお財布を持つことはほぼ無くなってしまいしまいました! それではどうしているのかというと、ケータイのカバーに一枚の銀行のカードと現金20ドルを折りたたんで入れています。使っているのはクレジットではなく、デビットカードです。デビットカードとはクレジットカードと違い、カードを使って支払ったその場で銀行に入っている自分のお金がそのまま支払われます。限度額が残高なのでクレジットのように使いすぎる心配はありません。

また、オーストラリアは、お店やホテルなどほぼ全てカードで支払うことができます。なんと罰金などもカード決済が可能です。コンビニでアイスを買うときも、もちろんカード。お釣りも無いので身軽に行動することができます。一部、アジア系の飲食店は現金払いのところもあるため上記のように20ドルも一応持ち歩いています。無い場合は、近くのコンビニなどのレジでキャッシュアウトと言って、気軽に現金を引き出すこともできるのです。ATMを探さなくていいのが楽ですよね。
最初はカードを頻繁に使うことに抵抗がありましたが、今ではむしろなぜ早くこうしていなかったのかと不思議なくらい快適で便利です。クレジットカードもポイントなどが付くので、手数料が無料ならクレジットカードの方を使います。

もし、現金を持っている生活を続けていたら荷物が重くなり、盗難に遭った場合でも返ってくる確率は低くなります。カードももちろん盗難や紛失する場合もありますが、すぐに止めることができます。勝手に使われた場合でも大抵の場合、カード会社が負担してくれるのでお金を失うリスクを最小限にすることが出来ます。現金を持っている利点では、細かいことですが(オーストラリアでは最低のコインが5セントのため)例えば、$5.12の場合で2セントが切り捨てられて$5.10になります。この場合、カードを使うとそのまま2セント引かれることになり、現金で支払うと2セント得になります。また、逆に$5.13~14の場合切り上げられるので$5.15になります。この場合はカードで支払った方が得になるのです。この切り捨てられる時に、現金を持っていると少し得した気分になります。

いかがでしたか? 状況によって、カードと現金の支払いを分けることが大切ですが、多くのメリットはカード支払いにあると思います。いつも現金で支払っているそこのあなた! この機会にぜひカード支払いに慣れてみるのもいいかもしれませんよ。

ライター:mii@Aus

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ