オーストラリアワーホリ
オーストラリアで人気の日本食といえばやっぱり「スシ」。

あえて「寿司」と書かないのは日本のそれとはぜんぜん違う食べ物だから。

どこの町にも必ずあると言っても過言ではないのは、中華料理店。日本食というとそこまで広まってはいませんが、中規模の町に行けば「日本食レストラン」に出会えることが珍しくなくなりました。

もちろん、経営者が必ず日本人であるとうことはなく、むしろ日本人以外のアジア系移民の経営するお店の方が目立ちます。

シェフが日本人ではなく、お客さんも日本人ではないのですから、そこで出される料理も一見は日本料理風ですが実は国際色豊かで、びっくりするような料理もしばしば。

寿司も同様で、アボカドを巻いたものは当たり前。リコッタチーズを載せたものや、マンゴーを載せたもの、玄米で作ったシャリで握ったものなど、「独自の発展」を遂げたユニークな「スシ」に出会えます。

これについて、スシ店の日本人経営者の方にお話を聞いたことがあるのですが、生魚を中心とした本物の寿司、つまり日本のスタイルでは生魚を食べる習慣のあまりないオーストラリア人のお客さんには喜んでもらえないのだとか。

もちろん、ジャパニーズスタイルの寿司を頑なに守っているお店もありますが、これは少数派ですね。

でもこれが結構美味しかったりしますから、食わず嫌いはいけません。オーストラリアに来たら是非、インターナショナルに発展を遂げた「スシ」を楽しんでみて下さいね。

Nacky@オーストラリア

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ