「しっかりお金を貯めてから」or「現地でアルバイトしてまかなう」この2つはワーキングホリデーをしたい人にとって答えを知りたい永遠のテーマですね。私がワーホリ5年目になって正解と思うのは前者と後者の中間です。
今回はその理由をお伝えします。


しっかりお金をためてからワーホリしたほうがいい理由は「自由に使える時間が増える」これつきます。自由に使える時間が増えるというのは

・友達と遊べる

・たくさん旅ができる

・趣味に集中できる

など、やりたいことに取り組める時間をしっかりつくれるからです。個人的には1年間という限られた時間の中で存分にワーホリ生活をたのしむためにはアルバイトに時間を使うのはもったいないかなと思います。

海外で暮らすには国にもよりますが、最低でも1年間およそ100万円は必要です。特にイギリスはワーホリできる国の中でもトップクラスで物価が高いですから、もっとあったほうが安心ですが、貯金ができるまで待てない人はできるだけ貯金を作り、足りない分だけ時間を使ってアルバイトでまかなうのがオススメです。
例えば1年間で150万円必要と見積もったとします。100万円貯金をして、残りの50万円をアルバイトで稼ぐとすると、イギリスだと50万円分を稼ぐのに1年で453時間、1ヶ月あたり38時間ほど働かないといけないので、日本でフルタイムで働いているのとあまり変わりませんね。
これをあと20万円貯金を増やして30万円分をアルバイトで稼ぐ場合は、労働時間が1ヶ月あたり23時間に減るのでその差15時間を自由な時間に充てられることになります。

このように貯金を増やしてからワーホリに望めばアルバイトをする時間を減らせるので、その分だけ自由に使える時間が増えます。貯金が少ないと生活費のために仕事に追われることになるので、日本にいたときの生活と変わらなくなってしまします。

たまにイギリスはポンドの価値が強いからたくさん稼いで貯金するという方がいますが、アルバイトでそれなりに貯金ができるほどイギリスの物価は低くありませんし、せっかくのワーキングホリデーがアルバイトばかりになると本末転倒なので、しっかりと貯金をしてからワーホリするのがオススメです。

ライター:サカイアヤ/旅する海外フリーランス@イギリス

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ