ワーキングホリデーをしていると途中で他の国に旅行に出かけたり、日本に一時帰国をすることがありますね。私も何度かワーキングホリデー中にイギリスを離れて他の国に出かけたのですが、その際にミスをしてイギリスに戻れなくなりそうになったことがありました。
今回は私がやらかした体験談をお伝えします。

それは日本へ一時帰国した帰りのことです。イギリスに入国しようとパスポートコントロールの列に並んだときにふっと「レジデンスカードを忘れた」ことを思い出しました。これまで何度かEU諸国に旅行に行きましたが、同じEU圏内の国同士はパスポートコントロールがないのですっかり忘れていたのです。
ご存じの方も多いと思いますが、イギリスへの入国は世界でもトップクラスで厳しく、こんな失敗をやらかせば強制帰国になる可能性も十分あります。

いざ自分の順番になると案の定レジデンスカードの提示を求められました。うそはつけないので素直にイギリスの家に忘れてしまったと素直に伝えると、審査官のお兄さんは渋い顔でなにやら手元の端末で調べ始めました。それでも解決しなかったようで、隣の審査官に相談したあとにレジデンスカードが写っている写真はないか?と聞かれました。
スマホの中の無数の写真フォルダを必死で探してみましたが見つからず・・・見かねた審査官に同じパスポートコントロールフロア中央のロープで仕切られた場所に連れて行かれ、「ここで待っているように」と言い残して奥へ去っていきました。

このような状況はネットで見た事がありました。そしてこの続きは何時間も待たされて怖い審査官にいろいろと質問されて最悪は強制帰国というシナリオだったので自分も同じ道をたどるのでは、もうイギリスに帰れないのではとドキドキしながら最後の望みをかけてもう一度、スマホの写真フォルダにレジデンスカードの写真がないか調べていました。

やがて20分ほどして先程の審査官が戻ってきました。どうなるのかと身構えているとあっさりと「入国していいよ」との言葉が。なんだか拍子抜けしてしまいましたが、無事にイギリスへ戻ってくることができました。

同じ状況になっても入国ができるかどうかはその時次第です。私はたまたま運が良かっただけかもしれません。
イギリスでワーキングホリデーをしている方は出国の際は家を出る前に必ずレジデンスカードの携帯を確認しましょう。そして万が一忘れた・無くした場合に備えてレジデンスカードの写真を持っておくと良いかもしれません。

ライター:サカイアヤ/旅する海外フリーランス@イギリス

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ