ヨーロッパの中でも生活コストが高いイギリス。その中でも毎日使うものは頻繁に購入しなければなりません。
小さな節約でもちりも積もれば山となります。節約したいと思っている方はぜひ試してみて下さい。

<食べ物>
あらゆる物価が高いイギリスは日々の食べ物も高くつきます。特に米はその代表といえます。タイ米やジャスミン米はよく地元のスーパーで販売されていますが、私達が食べ慣れた日本米はなかなかお目にかかれません。地元スーパーのWaitroseではSushi riceと言う名前で見かけますが、およそ500gで3ポンドほどします。毎食米で済まそうとすると2日でなくなってしまうのでオススメしません。

実は工夫次第で日本米を安く手に入れる方法があります。それはアジア食材店で購入することです。このようなお店は一般的にアジアから輸入した商品を扱っているので割高になっていますが、ゆたか米というブランドは5キロで約13ポンドで購入できます。主にロンドンのアジア食材店で購入できます。また、わざわざ炊飯器を買わなくても鍋でご飯を炊けばさらに節約できますね。

<服、アクセサリー>
服やアクセサリーも安い値段で良いものが買えます。その代表がマーケットです。特にオススメなのがロンドンのポートベローマーケット。ここは世界中からプロのバイヤーが買い付けに来るほどの上質な品物が揃っています。
道沿いに古着や手作りのアクセサリーの露店がズラッと並んでいて、見て回るうちに時間を忘れてしまうほど品物探しに夢中になってしまいます。日本では馴染みがありませんが、マーケットでは値引き交渉ができる点も節約生活にはありがたい限りです。ワーホリに来たなら一度は必ず訪れてください。

<自転車>
交通機関もなかなか高価です。仕事先など頻繁に出かける場所が家からあまり遠くなければ自転車の利用をオススメします。日本と違って新品だとものすごく高価ですが、中古なら安く手に入ります。地元のサイクルショップ、日英の掲示板、インターネットを探すとに見つかります。
特に小柄な女性はサドルと地面までの距離が高いと足が届かない場合が多いので折りたたみ自転車(Folding Bikeといいます)は車輪が小さい分、足がつきやすので便利です。Halfordsというショップは安い自転車を取り揃えていて、インターネットで注文したり、さまざまな保証をつけることも可能なのでオススメです。

ライター:サカイアヤ/旅する海外フリーランス@イギリス

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ