ふだん何気なく支払っているお金。ワーホリ中にお金を支う方法は多きく分けて2種類ありますが、日本の常識のままで暮らしているとちょっと損をしたりつまずいてしまうことがあります。今回はイギリスでのワーホリ中の支払い方法を紹介します。

●現金
日本人にとって一番ポピュラーな支払い方法が現金です。イギリスでも現金払いは一般的で、スーパーやコンビニなどでも日常的に使われています。一番便利な支払い方法に思えますが実は不便な点も多くあります。
不便な点
・無くしてしまったら戻ってこない
・現金では支払えないケースもある
・貨幣が新しくなったときには旧貨幣は使用不可になる
・1pや2pのような小さな額のコインは使用できない場合が多い

●カード
イギリスはカード社会です。日常に必要な支払いはほとんどカード一枚で事足りてしまいますしカードで支払えば小銭もたまらないので、財布を持たずに外出する人も多くいます。日常的に支払うものの中にはカード支払いしか受け付けていない場合もあるので注意が必要です。例えば公共交通機関に乗車する際にはオイスターカード(suicaのようなもの)に事前にお金をチャージしますが、最近は券売機でチャージする際はカード支払いしか受け付けていないケースが増えています。

ワーキングホリデーメーカーに一般的なカード支払いは2種類に別れます。
・日本のクレジットカード
・イギリスのバンクカード
日本のクレジットカードでの支払いも問題ありません。しかし海外での支払いには別途手数料がかかる場合が有るので割高になってしまいます。また、発行会社によってはセキュリティのために事前に海外での使用申請がないと使用不可となるケースがあったり、知らず知らずのうちに利用限度額を超えてしまって使用できなくなったというケースもあるので注意が必要です。
イギリスのバンクカードはワーホリをする人は必ずというほど持っていると思います。これは口座から預金を引き出せるキャッシュ機能と口座に入金されている分だけ支払いができるデビット機能を持ち合わせた便利なカードです。次のような利点があります。
・スーパーやコンビニ、券売機での支払いも問題ない。
・1日の利用限度額も自分で調整できる。
・カードをなくしても利用ストップ、再発行が簡単にできる。
大切なお金を守るためと使いやすさからイギリスのバンクカードを使用することをおすすめします。

ライター:サカイアヤ/旅する海外フリーランス@イギリス

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ