クリスマスという1年で1番のイベントを終えても、買い物・カウントダウン・パレードなどイギリスはまだまだ見どころがたくさんあります。今回はクリスマスだけで満足しないために年末年始をパワフルに過ごすためのイベントを紹介します。

年末の大セール

年末には26日のボクシングデーだけでなく、31日までの間は有名ブランド店から日用品を扱うスーパーまで一斉に在庫一掃セールを開始します。その後ショップごとの日にちにばらつきがありますが、ぞれぞれ目玉となるセールデイを設けていて、かなり安く商品を購入できます。
セール中はクリスマス商戦で売れ残った商品などを全てを売り切るために猛烈な勢いで商品を叩き売りします。賢い人は来年のクリスマスのためにこの年末のセールで事前にプレゼントを購入しておくこともあります。

大晦日

大晦日といえば年越しのカウントダウンと花火が有名です。12月31日に街のいたるところで人々が集まり、来年も愛と平和のある未来を願いつつ新年を迎えるカウントダウンをします。1月1日になった瞬間にテムズ川沿いのロンドン・アイ周辺で打ち上げられる花火は世界中からメディアが押し寄せるほど大人気のイベントです。ロンドンに滞在するならぜひ一度は目にしてほうがいいおすすめイベントです。
帰りの交通手段は地下鉄が無料で終始運行しているので心配ありません。行きも帰りもものすごい数の見物人が一斉に地下鉄を利用しようとするので、少し時間をずらして利用するのをおすすめします。

元旦

日本の元旦はどこもお店がしまっていて家の中で過ごすイメージですが、イギリスでは元旦から営業を開始するお店も多くあります。その中でおすすめなのが博物館、美術館めぐりです。平日でも沢山の人が訪れる大英博物館は元旦から営業しており、入場者が少ない傾向にあります。この日はいつもならたくさんの人でごった返す館内も、一つ一つ展示物をゆっくり鑑賞できるくらい余裕があるでしょう。
また、元旦にはニューイヤーパレードという催し物があります。見物人は年末のカウントダウンに引き続き世界中から10万人が集まると言われています。例年12時から15時まで開催され、世界中からミュージシャンやダンサーなど50万人以上が集まり、ロンドン中心部を巡り歩きます。主なルートはパーラメントスクエアからバークリーストリートまでを行進します。

ライター:世界を旅するAnya@イギリス

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ