ノルウェー・オスロに来たら、個人的に絶来行っておくべき5選をピックアップします。

ノルウェーと言っても、国土面積は日本どっこいどっこい。そして、ノルウェーもまた日本と同じくらい縦に長く、数泊の観光で全てを見て回るのは不可能です。なので、エリアや目的を絞って旅行する事をお勧めします。

例えば…オーロラを見たい方は、北ノルウェーの「トロムソ」に行って、全日程オーロラに捧げる。
例えば…ノルウェー人たちの山小屋生活を満喫したい方は、最近どんどん広がりを見せているAirBnBのエクスペリエンスで探すのもアリだと思います。
他にも…フィヨルドがどうしても見たい!方は、陸から見るよりもフェリーや船から(海から)見上げるフィヨルドをお勧めします。もちろん、海から見上げた後はフィヨルドのてっぺんに行って、見下ろすのもアリだと思います。

と、いうようにエリアや目的を絞らなければ数日の日程では難しいのかなあ…と思うのが本音。
そこで、今回は、ノルウェーの首都オスロに来たら絶対に行くべき所5選をお届けします。

1. バーコード周辺
バーコードって何!?と思われると思いますが、バーコードエリアとは中央駅に隣接するオフィス・住居エリアに建ちならぶビルのエリアを指します。遠目で見ると、複数のビルが一つのバーコードに見えるので、そう呼ばれています。
ここはオフォス街なのですが、ホテルがあったり、お洒落なレストランやバーがあったりします。有名なオペラ座もこちらの近くにあります。一番注目していただきたいのは、建築です。モダンちっくで、とてもシンプル且つスタイリッシュ。私は北欧の建築が大好きです。

2.ヴィーゲラン公園
こちらは、「怒りん坊」の像で有名な公園です。公園の中にスケートリンクがあったりテニスコートがあったり、大変広大です。公園の中にある水辺は冬になると氷になります。
夏は公園内にあるカフェでゆっくり、冬は突き刺さるようなノルウェーの寒さを感じにお散歩するのはいかがですか?雪景色の公園も撮っても素敵です。(ただ!防寒はしっかりとお願いします。)

3.グローネルロッカ地区
こちらは、ヴィンテージがお好きだったら是非立ち寄っていただきたい場所です。家具から食器から、小物まで何でもあります。一点物の掘り起こし物が見つかるかも!?

4.ホルメンコーレン
スキージャンプがある事で有名な、ホルメンコーレン。日本を代表するサラちゃんの名前も刻んでありますよ♪ジャンプ台の頂上までは、夏場だと歩いていく事ができるのでとってもお勧めです。冬場は、ノルウェー人でごった返していますよ♪
市内からトラムで頂上付近まで行けます。

5.BAKER HANSEN(カフェ)
ここは、私の好きな老舗カフェ。ベーカリーがお勧めです。北欧生まれのシナモンロールと、コーヒーを飲んでゆっくりした時間をお過ごしください。

以上、個人的にお勧めする5選でした。

ライター:森永@ノルウェー

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ