それぞれの目的によって変わってくると思いますが、私個人は「最低限ためてから渡航する。」です。それぞれの理由付きでお答えします。

私個人のおすすめは「ノルウェー語を話せる」、もしくは「ノルウェーが必要なスキルを持っている」人以外は、「最低限ためてから渡航」する方がいいと思います。なぜなら、外国人が仕事を獲得する事はどこの国においても容易な事ではないと思うからです。
またワーホリは、基本的にはホリデーとしてみなされるので、就労目的で渡航してしまうと「思っていたのと違う!」となってしまう可能性もあるかもしれません・・・しかしながら中には、「バイトで稼ぐから問題ない!」という方もいると思います。
情報収集が上手でコミュニケーション能力が高い方、追い詰められた時に本領を発揮出来る方は、そちらのやり方の方がうまくいくかもしれません。ただ、精神力がかなり必要だと思うので、相当覚悟してきた方がいいかなぁとは思います。

どちらにしても、まずはモノの物価と大体の生活費を見積もってからある程度の必要経費や、どの程度手持ちで必要なのか算出してから渡航することを強くお勧めします。
SNSなどで現地の人と連絡を取り合って、頼るあてを見つけるのもひとつの手段かなぁと思います。お勧めの不動産やもしかしたら友達のアパートを貸し出し中・いっときだけの仮住まいを提供してくれたりする可能性もあります。
ノルウェーでは特に知り合いは絶対に多い方が得をします。

ライター:森永@ノルウェー

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ