今回はワーホリ女子が気になる「恋愛」について少し書こうと思います。
私が現地で出会ったワーホリ女子の中の多くは、「彼氏がノルウェー人だから」「将来住むかもしれない国でのトライアル期間としてワーホリ制度を利用したいから」や、「結婚を前提にワーホリで入国して、それから結婚する人」などが、比較的多かったように思います。

何せ、スカンジナビア半島の中でも一番端っこのノルウェー。理由なしにワーホリ制度を利用して渡ってくる方のほうが珍しいのでは。そんな中でも、コーヒー文化の根強さや最近の北欧ブームに乗り、ノルウェーも2013年よりワーホリ制度を日本と開始しました。そのおかげもあり、日本人の方も徐々に増加傾向にあります。

さて、今回のテーマ「恋愛で気をつけないといけないこと」ですが、ここからはノルウェー人とお付き合いしている方や、ノルウェー人と結婚した方の意見を元に書こうと思います。全員のノルウェー人が当てはまるわけではないですし、ここで書く事が「絶対」ではないので、「へ〜そうなんだ〜」くらいで、読んでいただけると幸いです。

1. まず、「結婚」に固執していない人が多い。
→事実婚でも、法的には結婚している事とほぼ同等の権利が与えられるため、「結婚」に縛られていない人が多いです。「事実婚」ではなく「結婚」に夢がある方は、しっかりと話し合う事が大切かもしれません。

2. 男女は常に平等であり、女性に「主婦」を求めていない。
→北欧で主婦をしたい。と、夢みる方もいるかもしれませんが、ここノルウェーは男女平等の国。女性に外で働く事を求める(というか当たり前)と思う男性は比較的多いですし、同時に家事が女性の仕事であるという感覚がある男性も少ないと思います。ノルウェー人女性も、主婦になりたいと思っている人には未だかつて会った事がありません。

3. お互いが幸せになるなら、離婚も当たり前。=お付き合いを始めた人が、離婚歴ありの子持ちである確率は比較的高い。
→私の友達(アメリカ人)の女性は、付き合おうと言われた異なる2人から連続で「離婚歴ありの子持ち」である事実を、付き合い始めた後に告げられたと言っていました。

4. ノルウェーで子育てをして、ノルウェーで生活したい。
→ノルウェー人は、ノルウェーが大好きで、世界一住みやすい国であると思っている人が多いです。海外に暮らしていても、結局は自分の国に戻ってきたいと強く思う人が多いように思うので、将来は日本に住みたいと思うのであれば、結婚をする前にしっかりと話し合うべきだと思います。

以上、ノルウェーの恋愛事情でした♪

ライター:森永@ノルウェー

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ