日本ではカードより現金で支払いをしている人が多数を占めていると思います。日本でカードを使うときは…高額の物を購入する時や、もしくは現金を持ち合わせていない時だけ、使用する人が多い事が現状ではないでしょうか。

一方で、ノルウェーでは、日本と正反対。現金を持っている人の方が少ない気がします。基本的に、携帯電話のカバーと、カードケースを共有している人が多く、クレジットカードも携帯のカバーの中に入れています。(セキュリティ面ではどうなのか…と思う時もありますが。)

ノルウェーでは、駅のトイレや証明写真にまで、すべてカードで支払う事ができます。逆にカードのみ受け付けて、現金を一切受け付けない場所もあるほどです。カードを受け付けない理由としては、防犯、現金の誤差がなくなる、売上高をシステム上で一括管理をするため、レジ閉めなどのスタッフの業務が減り、人件費削減につながる、などでしょうか。

一度、間違って違うタイプのバスの定期券を購入してしまいました、(1万円分ほど)。もちろん返金してもらえるものだと思っていたのですが、バスカードに返金分のお金をチャージという形での返金しか対応していませんでした。これは、大学の図書館でもそうでした…。日本では当たり前の事が、ノルウェーではそうはいかない時があるので、購入前にしっかり確認してから購入する事をお勧めします。

ノルウェーでは基本的に中学生くらいからカードを作り始めます。ただ、上限が設けられており、どこで何を買ったのかの明細(通知)が親(もしくは設定された保証人)に届くようになっています。クレジットカードを持つ事に若干の抵抗がある日本人は多くいるかもしれません。しかし、ノルウェーでは逆にカードの方が安心と答える人の方が多いです。

所変われば考え方も変わるものです。ノルウェーにワーホリで来る際にはカードを1〜2枚作っておくと安心かもしれません。

ライター:森永@ノルウェー

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ