5月といえば日本では、ゴールデンウィークと大型連休がありますが、ここノルウェーでは連休ではなくとも比較的祝日の多い月となっています。
その中でも、5月17日は憲法記念日で、ノルウェー中が国民総出でお祝いをする大イベントがあります。

1.どんなイベントなの?
ノルウェーの中では最大級の国民全員が国を盛り上げるイベントです。街中では、様々な団体がパレードをして盛り上げます。学校では、色んなアクティビティーが用意されており、親と一緒に盛り上げます。(親は基本的にお世話係だそうですが。)
スーパーから、乗り物、アパレルショップまで国旗カラーでデコレーションをしてこの最大イベントを盛り上げます。
SNSでは、「ノルウェー、お誕生日おめでとう!」の言葉と、写真を載せる人が大半です。

2.服装は?
この日ノルウェー人は、民族衣装であるブーナットを着ます。ただ、最近は、ブーナットを着る人の数も減って着たようで、簡単なドレススーツを着たりする人もいるようです。ちなみに、パレードを見ていると、男の子はスーツ・女の子はブーナットを着ている人が多いなぁという印象でした。外国人は、基本的にはスーツだと思います。

3.欠かせないものとは?
このイベントには絶対欠かせないものがあります。
(1) 国旗。これは必須です!
(2) 友達を呼んでブランチ。朝からシャンパーンをあけてお祝いします。シャンパーンの中にはノルウェー産のいちごを入れてお祝いします。
(3) ソロという、オレンジの微炭酸の飲み物。(理由は不明)
(4) ソーセージ。ノルウェー人は、いつでもどこでもソーセージを欠かしません。笑 国民食にも近い印象を受けます。(これまた理由は不明)
(5) 最後にアイスクリーム。今年は残念ながら天気があまり良くなく、肌寒かったのであまり食べている人はいませんでした。しかし5月でも夏日になる事は少なくはなく、太陽が出るとみんなすぐアイスを食べて、夏を楽しみます。

ライター:森永@ノルウェー

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ