ワーホリ・学生・就労などの長期滞在ビザ(Residence Permit)でデンマークを訪れる場合、悩ましいのが車の免許。

日本で国際運転免許証を作ればデンマークでも運転OKなのですが、長期滞在者は居住地が定まってから90日以内しか国際免許証での運転が認められていません。
つまり、90日目以降も運転する場合、デンマークの免許証に切り替える必要があります。免許証を切り替えないで運転を続けていることがバレてしまうと、なんと5000クローネ(≒約8万5千円)の罰金!!

幸いなことに日本は他国よりも優遇されているため、試験なしで免許を切り替えてもらえます。
ただし、切り替え手続きにお金と時間がかかります。しかも、免許証は「交換」なので、日本の免許証をデンマーク警察に預けないといけないのです。これが悩ましいところ・・・(預けた日本の免許証は、デンマークを離れて本帰国する際にデンマークの免許証と交換する形で返してもらえます)

まず費用。必要な書類が集めないといけないので、合計で1200クローネ(≒2万円)程度かかります。
• 日本大使館での免許証の翻訳証明発行手数料 260クローネ
• 証明写真の作成費 180〜250クローネ
• かかりつけ医の健康診断費用 500〜600クローネ
• 市役所での免許発行手数料 280クローネ

そして時間。健康診断書を入手するため、かかりつけ医の予約を入れる必要がありますが、3週間先まで予約がいっぱい・・・というケースも。90日以内に免許証を切り替える場合は、真っ先にかかりつけ医の予約を取ることをお勧めします。

書類を集めたらあとは市役所で手続きをするだけですが、最初に発行してもらえるのは「仮の免許証」(なんと紙切れです!)。公式の免許証が届くのは6〜8ヶ月後です。なんと、デンマーク警察が日本の警察に対して照会確認をするらしく、ものすご〜く時間がかかるのです。

そして、ここが最も悩ましいポイントですが、待機中にもらえる仮の免許証はデンマーク(と一部の北欧諸国)でしか使えず、他の欧州国では使えません。さらに日本の免許証はデンマーク警察が預かってしまうため、デンマーク(と一部の北欧諸国)以外の国での運転が6〜8ヶ月ほどできなくなってしまうのです。(日本でも運転ができなくなります!)

ワーホリのような1年以内の滞在者にとって、手続きに6〜8ヶ月も時間を要するというのはちょっと厳しい・・・。特に、デンマークのワーホリ中に他の欧州国でドライブを楽しみたいのでしたら、デンマーク国内の運転は諦めて、日本の免許証を保持したまま、国際免許証でデンマーク以外の国の運転を楽しんだ方が良いかもしれません。

ライター:ひぐち@デンマーク
デンマークで2番目に大きい都市 オーフス在住。デンマークでの日常や働き方を毎日noteに投稿しています。デンマークでの各種手続きや日本から持ってきた方がいいものを紹介している「これからデンマーク・欧州に住む方向けの情報note」がおすすめです。


ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ