ポーランドとのワーホリが始まってから早くも5年ほど経ちますが、最近ワーホリ組が増えている気がします。

プライベートで日本人と会う機会があるのですが、留学生はもちろんワーホリの人もたまに会います。
ところでワーホリをする際に気になるのが仕事です。その中でも、特に賃金ですね。

日本では現在、東京などで最低賃金1,000円を超えていますが、ポーランドは400円ちょっとです。月収も普通の会社員だと60,000円ちょっとなので日本の感覚からするとかなり低いです。
「そんなので生活できるの?」と思うかもしれませんが、普通にできます。ポーランドの物価は日本のだいたい1/3なので普通に生活できるのです。もちろん全てが1/3ではありませんがスーパーなどは日本よりも何倍も安いので節約したい場合は自炊をおすすめします。
ワルシャワに限ると家賃など結構高いですが、他の都市に行くとシェアアパートなら月20,000円、それ以下でも探せると思います。

あと、ポーランドは日本のようにカラオケやゲームセンターなど娯楽が充実していないので正直普段あまりお金を使うことはありません。
夏なら公園などで友達と話したり、散歩したり、スポーツをしたりとお金をかけずに楽しめる環境が整っているのがポーランドの魅力の1つです。サッカーやテニスなどスポーツ施設も無料で使えるところが多くあるので日本のように高額なレンタル料金を支払う必要はありません。(全てではありませんが)
小さなコンサートや料理教室、言語交換イベントなども基本的には無料で参加できるので経済的にも精神的にも参加するハードルが低いです。友達作りを兼ねて参加してみてください。

今回は、ポーランドの時給についてでした。数字だけ見ると低い!と思うかもしれませんが、物価の安さを考えると十分生活できます。
ポーランド生活での節約方法などは他の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

ライター:うっきー@ポーランド
ポーランド在住のライター。SIMや物価など現地のリアルな情報をブログ・SNSで発信しています。
・ブログ:ukki.org
・Twitter:twitter.com/ukki_poland
・Facebook:facebook.com/koheiukki


ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ