ワーホリを決めたら、何を持って行かなければいけないか。スーツケースは23kgまでと決まっているので、あれもこれもというわけには行きませんよね。絶対必要なものをまとめてみました。

パスポート:有効期限が滞在期間以上か確認!
チケット:携帯電話等でのチェックインも可能ですが、プリントアウトしておくと、安心。
ワーホリビザ:コピーもプリントアウトしておきましょう。
海外保険:クレジットカード会社のものもしくはワーキングホリデー保険
クレジットカード:visaかMaster カード。
現金:全てを両替しておく必要はありません。
国際運転免許証:コペンハーゲンなどの都市に住む場合は公共機関の利用が便利ですが、いざという時に持っていると行動範囲が広がります。免許証、写真、パスポートを持って最寄りの運転免許センターへ。手数料は2350円です。
ガイドブック:インターネットの活用が多いですが、一冊あると便利
リュックサック:小旅行にも活用できます。
風邪薬:デンマークでも、スーパーなどで頭痛薬等が買えるようになりましたが、いつも飲用しているものがあると、安心。
タブレット:プリントアウトをするようなことがなければ、PCよりも軽くていい。
スマートフォン:SIMフリーの携帯。デンマークでも購入できますが、高いです。カメラも最近は携帯を使う人がほとんどですよね。
コンセント変換プラグ:小さくて無くしてしまうことがある可能性も。複数持っていくことをお勧めします。
化粧品:デンマークでも購入できますが、日本人の肌用ではないので。※眉毛用シェバー、髭剃りなどもあると便利。
折り畳み傘、ウィンドブレーカー:風が強いので、傘を利用するよりカッパを着ている人の方が多いです。
デンマーク語―日本語辞典&日本語―デンマーク語辞典:インターネットでも調べられますが、辞書の方が正確です。
衣服:下着、靴下、Tシャツ、長袖シャツ、ブラウス、ズボン、スカート、ジャケット、パーカー、ヒートテック(かなり使用頻度が高いと思います)、靴、サンダル、水着、サングラス、浴衣(パーティなどで便利) ※デンマークで購入できますので、3日分ほどで足りるはず。。
このほか、日本のお土産があるといいですね。

では素敵なワーホリを

ライター:nao@でんまーく

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ