デンマークの12月といえばとにかくクリスマス🎄。家の中はクリスマスの飾りでいっぱいになり、部屋は家族へのプレゼントでいっぱいになります。

街もクリスマスのライトアップがされ、それぞれの街の中心には30メートルほどのクリスマスツリーが点灯されています。何もかもがクリスマスでいっぱいのデンマークの12月。他には何にもないの?と思いますよね。何にもないのです。
ですが、クリスマスだけではつまらない。寒い国ならではの遊べる場所がデンマークにはあるのです。それはスケート。
コペンハーゲン市内には大小合わせてかなりの湖があり、それが凍ればスケートができるのです。でも、残念ながら今日現在はどこの湖も凍るほどの寒さではないのでできません。。これは、コペンハーゲンのホームページで確認できます。 スケート靴はフリーマーケとやセカンドショップなどで安く買えるので、湖が凍ったら、行ってみるのはいかがでしょう。
でも、凍るまで待てない!という人は、Frederiksberg のrunddel に行けば、平日は11時から21時まで 土日は10時から21時までスケートができます。貸し履はたったの50kr. 2月24日までオープンしていますので、公園でのスケート⛸してみませんか?

おまけ
ちょっと勇気がいりますが、vinterbadはどうでしょう。冬の海に入って、そのあとサウナ!一度はやってみたいと思うのですが、未だに勇気がない。。。
あちこちでグループがあるので、チャレンジしてみては?

ライター:nao@でんまーく

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ