ポーランドのワーホリが始まってからしばらく経ち、日本人の方に会う機会が増えてきました。限られた1年間を有意義に過ごすために、お金のやりくりはとても大切です。
今回は、ポーランドに2年半以上住んでいる筆者の実際の生活費をお伝えします。人によってお金の使い道は異なりますが、一つの基準として参考にしてください。

まず、ポーランド人の平均月収はおおよそ7〜9万円ほどです。基本的に、このくらいのお金があれば贅沢はできませんが過ごせると思っておいてください。私の現在住んでいるアパートはキッチン+2つ寝室があり、約1500zl(約45,000円)+光熱費100zlくらい(約3,000円)+WiFi50zlくらい(約1,500円)を2人で割っています。

45,000円+3,000円+1,500円=49,500円÷2=24,750円

このアパートは私の婚約者の友人からの紹介なので、「友人割引」みたいなものが採用されています。そのため、ワルシャワでこのレベルのアパートを借りるともう少し割高になると思います。おそらく、ワルシャワだとワンルーム(Studio Apartment)でも1500zlくらいはすると思います。
もし、誰かとシェアアパートをするなら、個人部屋があり共同シャワー・キッチンが付いて約1,000zl以下(30,000円)です。これに光熱費などが含まれていることもありますし、別の場合もあります。

続いて、食事ですが、私の場合は1週間に2回買い物をします。1つがかなり大きな買い物で、2つ目が肉などの新鮮な食材の買い足しです。1回の買い物で約60zl(1,800円)くらいに2回目の肉や卵など25zl(約750円)程度なので、1週間で2,550円くらい。
これに1週間に一度の目安で外食をするので、30zlとして(900円)。

2,550円+900円=3,450円
これを4週間で計算して、3450×4=13,800円

正直、私は普段基本的に外食はしない派なのでこの食費で収まっていますが、友人らとよく飲みに行ったり外食をする人はかなり高くつきます。というのも、いくら物価の安いポーランドと言っても基本的に外食は高いです。
アジアンレストランやファーストフードを除いて、ちゃんとしたレストランであれば食事とチップも支払わなければいけないので、一回の食事で50zl〜はかかると思います。(ピンキリですが)

ポーランドでの節約のポイントは、これからもわかるようになるべく外食を控えること。スーパーの食材は日本よりもはるかに安いので、できるだけ自炊することが節約の大きなコツです。

私の生活費の合計でも、家賃24,750円+食費13,800円=38,550円
これに、あとはバスの定期券やフィットネスジムの会員費などがかかります。全てを合計しても、5〜6万で十分やっていける計算になります。

ただ、最初に述べた通り、これは普段あまりお金を使わない筆者の生活費なので、皆さんにどのくらい当てはまるかはわかりません。贅沢をしなければこのくらいで十分生活できるのがポーランドなのです。

ライター:Kohei@ポーランド

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ