物価が高い、税金が高いといわれるデンマークですが、実際のところ生活費としてどのくらいかかるか分からないと、ワーホリに行くかいかないかも判断できませんよね。小さい国デンマークですので、オーフスやオーデンセなどユトランド半島やフュン島を選ぶ人もいると思いますが、都市のコペンハーゲンを参考にしていただいたらおおよその生活費が予想できると思います。

まずコペンハーゲンでアパートを借りるのはちょっと値段が張りすぎるので、ルームシェアが一般的です。この場合、一ヶ月の家賃は、光熱費、水道代は含まれてる事がほとんどで約4000kr. 日本円に換算すると約7万円。光熱費が別だと、500krぐらい余計にかかります。含まれているか如何かは事前に大家さんに確認してくださいね。ちなみにアパートをひとりで借りると約倍の8000krほどかかかります。
次に食費はと言うと、個人差はありますが、友だちと作りあったりして節約すると2000krぐらいですむと思います。レストランなどで仕事している場合は、賄いがあったりするので、もっと節約も可能ですよね。
携帯電話代。これは、かなり個人差があると思います。一般的に電話会社に契約した場合は1ヶ月200kr程でかけ放題プランが選べるはずです。

交通費。これも仕事場によって違うと思いますが、大抵の人は自転車生活。公共機関を使うのであれば、定期券がもちろんお得で、だいたい400kr。
ありがたい事に医療費はただ。ただし、歯医者は有料です。ですので、虫歯にならないことを願って。。。。
この辺でざっと一ヶ月の生活費を計算すると、6500kr程。日本円に換算すると11万5千円ぐらいと言うところでしょうか。また、部屋を借りる時には敷金がだいたい三ヶ月分ほどかかるので、最初はちょっとお金の用意が必要ですね。

さて、この11万円が安いか如何か。デンマークで、仕事がキチンと見つかれば、1ヶ月8000krほど稼げるので、お友達とたまには食事なんていうこともできる計算になります。ですが、仕事探しが難しいデンマークですので、ある程度お金の準備をしてからワーホリに出発することをおすすめします。

ライター:nao@でんまーく

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ