ワーホリでポーランドにやって来る人なら、ある程度ポーランド料理について知っているかもしれませんが、おそらく一般的にはあまり知られていないと思います。

正直、筆者もポーランドに興味を持ちリサーチするまでほとんど知りませんでした。
ポーランドにはたくさんの伝統料理がありますが、その中でも一般家庭でもよく出されるポーランドの代表的な料理について紹介します。

それが、「ピエロギ」です。

ピエロギは、ポーランド版の餃子(水餃子)とイメージしてもらえればOKです。ただ、餃子のように肉だけじゃなく野菜や果物を中に入れる家庭など様々です。
私が最初に食べたのは、一般的な肉のピエロギ。外は餃子のようにカリッとしていなく柔らかいのが一般的で、中のジューシーなお肉が今でも忘れられません。
その後、友人のディナーに誘われた時に初めて果物が入ったピエロギを食べた瞬間に、即効でファンになりました。

その際は、ストロベリーが入ったものだったのですが、ピエロギにサワークリームをかけたスイーツ系のピエロギも最高です。最近では、自分でもよくこの果物系のピエロギを作るようになり、本当によく食べています。果物なので、あくまでもデザート感覚で食べていますが、人によってはおかずとして食べる人もいます。
皆さんも、ポーランド人の家庭に招待された際は、おそらくこのピエロギが出されることが多いと思います。それだけ、国民が愛する伝統料理なのです。

その他、個人的に大好きなのが「ゴウォンプカ」というもの。これは、日本でもあるロールキャベツのことで、日本人にはかなり口に合う料理だと思います。見た目は日本のロールキャベツと似ているのですが、肉よりも米や大麦をたくさん入れます。仕上げにトマトソースなどをかけるのが一般的です。
日本のロールキャベツも好きな料理の一つなのですが、ポーランドの「ゴウォンプカ」も独自の特徴があって大好きです。一般家庭でもよく食べられる国民食です。
ポーランドに来た際は、友達に作ってもらうのもいいですし、自分でレシピを覚えて作ってみるのもいいと思います。

今回は、日本人の口に合うポーランドの家庭料理についてでした。

ライター:Kohei@ポーランド

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ