ワーキングホリデーは、第一の目的は休暇を楽しむこと。でも、普通の観光と違って、勉強もできるし、働くこともできます。海外で生活してみたいという夢も叶えられる、そんな素敵なシステムです。自分探しをして、より素敵な人生を送るための経験ができるチャンスです。

デンマークに到着して、cprナンバーを取得すれば、語学学校も無料でいける。では、そのあとはどうする?フォルケスコーレに通う人もいるでしょう。
デンマークデザインを勉強したり、デンマーク体操を体験する人もいます。でも、フォルケスコーレは残念ながら無料ではありません。そして全寮制なので、アルバイトをするのは不可能に近いです。

学校に行かないで、働いて、キャリアを積みたい!という人もいるでしょう。ですが、残念ながら、すぐに仕事が見つかるとは限らないのです。
ここのところ、景気がいいのは確かなのですが、すぐに仕事が見つかるという人は少ないようです。そもそも、普通の観光ビザと違って、働いてもいいというのが魅力のビザのはずなのですが、一般の労働者と違って、1週間に働いていい時間が限られていたり、同じ職場で三ヶ月以上は働いてはいけないといった、ちょっと窮屈なルールがあるために、雇用者も敬遠するのかもしれませんね。違う角度から見れば、いろんな職場で経験がつめるといったメリットをもっと前面に出して欲しいのですが。。。

ということで、デンマークにワーホリでくると決めたら、まずはお金を貯めて余裕を持って渡航されることをお勧めします。
自分探しが有意義であるために!!

ライター:nao@でんまーく

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ