今年32歳になる筆者は、人生最後のワーホリを東欧スロバキアにて満喫中です。
なぜ、スロバキアへ? 実は去年、カナダにてワーホリを体験、ホームステイをしておりました。このご家族がスロバキア出身で、スロバキアを知ることに。この縁がきっかけで、2017年、初スロバキアへ。スロバキアという国に興味を持つようになりました。
たまたま、2016年よりスロバキアにてワーキングホリデーがスタートしたことを知り、これは運命だ!っと勝手に感じ、31歳の誕生日を迎える寸前にスロバキアのワーホリビザを取得しました。

さてスロバキア生活が始まったばかりの筆者ですが、スロバキアの通貨はヨーロッパでは当たり前のユーロ(€)です。が!隣国チェコではKORUNA、ポーランドではZLOTY、ハンガリーFORINTと、実は€が使えません。
スロバキアに来るまでは、ヨーロッパ=€のイメージだったので、隣国で€が使えないことに、ちょっと驚きました。今回、スロバキアに入国するにあたり、私は日本で両替した€200と、日本円¥22,000を、しかっり財布にしまい出発しました。
クレジットカードも所持していますが、後で、どっと請求されるのが恐いので、私は、基本現金払いです。

スロバキアは物価が安いので、最初は現金€200で余裕だなーっと思っていたのですが、急遽シェアハウスが決まり、来月分の家賃とデポジットが必要に。。。

げ、げ、げ、現金が足りない。。。

日本円¥22,000あるけど、それを両替しても足りない。ということで、日本の口座より€を引き出すことにチャレンジ。
スロバキアで大きな銀行、TATRA BANKAにて挑戦!・・・しかし、何故か使用不可。不安がよぎる。。。
そして次に大きな銀行、CSOBにて挑戦!・・・しかし、またもや使用不可。不安が確定に。。。
そして取り敢えず近くにあった銀行にて引出し挑戦。
その名もVUB BANKA(←何てよむのかな?
引出し額、MAX€200。私には€600必要。 取り敢えず、€600必要。でもそんなのどうでもいい!

…………………

€200ゲット!!
私の不安要素、一気に消え去る。そして喜びだけが残る。
しかし、€600必要な私にはこの作業を3回繰り返すことに。そして、取引明細書で知る、引出し手数料毎回€5。
€5×3回=€15
€15って、スロバキアのスーパーで500mlのビールが38本買えて、お釣りくる計算やん・笑
でも、安心を€15で買ったと思うと安いもんさ!と、あくまでもポジティブシンキング!
何とか€600を手にし、無事住まいをゲット致しました。

今回の経験で得たことは、日本で多目に両替して入国しとけば良かった…ということです。
両替手数料は一括に限ります。みなさん、出国前にしっかりとした利用計画を作成しましょう!

ライター:RITZ@スロバキア

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ