筆者はこれまで、ワーホリ中にたくさんのカップルを見てきました。日本人同士のカップル、国際恋愛のカップル、同性のカップル・・・
皆、それぞれ幸せなら良いのですが、中にはつらい思いをする人もいます。

ワーホリというのは、世界各国からたくさんの人がやってきて、出会う場所です。その中で、同じ国出身のふたりがカップルになる可能性は高いと思いますが、一方で同じ地方(県)出身のふたりがカップルになる可能性は低いと思います。国が異なればなおさら、遠距離恋愛を強いられることとなります。
また、ワーホリ中に出会っても、お互いのやりたいことや行きたい場所が異なれば、自然と離れることになります。お互いの気持ちが強過ぎて離れることが出来ない場合は、結局どちらかが自分のやりたいことを諦めることになるでしょう。

そのままカップルとして続いていけば良いですが、別れた場合、諦めた側に後悔が残ります。
また、ワーホリ中にカップルになると、「恋人がいることで他の人との交流が減る」「せっかく海外にいるのに会話が母国語(同じ国出身同士でカップルになった場合)」など、何のためにワーホリに来たのかわからなくなるような問題が多いです。

見知らぬ土地で、心細くなる気持ちはわかります。
が、人生でたった一度の貴重なワーホリを恋愛で無駄にするようなことだけは避けましょう。

筆者がニュージーランドで出会ったワーホリの日本人女性の多くは、国際恋愛を望んでいます。
彼女たちは、スマホのアプリで出会いを求めているようですが、基本的にアプリで出会う男性の多くは、身体目当ての可能性が高いと言っていました。
どこの国もそうですが、日本人女性は海外の男性から人気があると言われています。
それは、「可愛らしいから」「綺麗だから」という理由もあるのかもしれませんが、筆者個人的には「簡単に身体を許してくれるから」「逆らわないから」という理由だと考えています。
相手に対して恋愛感情があるなら良いですが、そうじゃないならはっきり「NO」と言いましょう。
美しく、品のある日本人女性のイメージが浸透し、本当の意味で日本人女性がモテる日が来ることを願います。
それには、日本人女性一人一人の海外での振る舞いが大切です。

Jasmine@ニュージーランド

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ