クライストチャーチは、電車は通っておらず、公共交通機関としてバスが利用されています。(トラムはありますが、シティセンターのみ・観光用です)
バスは、行き先によって色と番号で区別されていて、慣れてくれば簡単に乗車することができます。ただ、はじめはややこしいと思うので、シティセンターにあるバスインターチェンジで、時刻表を入手することをおすすめします。
料金は、ゾーンごとに異なり、最安値のゾーンで一回の乗車につき大人4.0ドル、子供2.0ドル。乗車時に料金を支払い、ドライバーからレシートを受け取ります。乗車時間が記載されているので、そこから2時間以内は乗り継ぎが無料となります。2時間を越えてしまうと、別途料金が掛かってしまうので、正直高いと感じます。
そこでおすすめしたいのが、「メトロカード」です。このカードを利用すると、最安値のゾーンで一回の乗車につき大人2.55ドル、子供1.25ドルと、乗車料金がかなり安くなります。また、1日にたくさん乗車する場合、3回目から乗車料金が無料となるので、観光にも最適です。さらに、月曜日から金曜日まで利用した場合、土日は無料になるという特典があります。

筆者のおすすめポイントは、カードを利用するとシティセンターと空港間のバス料金が格段に安くなることです。通常8.5ドル掛かるバス料金が、2.55ドルに!これは、かなりお得です。
ただ、メトロカードは空港で購入することはできないので、空港からシティセンターまでは通常料金8.5ドル掛かってしまいますが。。。でも、購入後は、割引が適用され安くなるので、クライストチャーチから旅行に行く際や帰国する際は、お得感が味わえると思います。
メトロカードは、シティセンターにあるバスインターチェンジ内の窓口で購入できます。簡単なフォームに記入し、身分証明書を提示、発行手数料10ドルと、チャージしたい金額をお支払いすればOK。
バス乗車時、専用のパネルにタッチするだけで良いので、簡単ですし、ラクです。
チャージがなくなったら、バスの中もしくはバスインターチェンジの窓口でチャージできます。

バスカードの購入代10ドルを高いと感じる方もいるかもしれません(筆者もそうでした)が、クライストチャーチにステイするうえで、シェアハウスを探すときなどバスは必須になります。
クライストチャーチに住んだ思い出として、自分へのお土産として持ち帰ることができますし、早い段階で購入することをおすすめします。

Jasmine@ニュージーランド

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ