フランスは、古い建物をそのまま直したりしながら、使っている家が多くあります。そして、フランスの家賃は、場所によって大きく違います。大家さんが、不動産屋さんを通さないで、直接レンタルしている場合もあります。
パリ等の大きな街だと、例えば、普通の公務員等の給料では、家賃だけで、ほとんどのお金が飛んでしまい、生活費や税金、保険等を引くと、給料が残らないのだそうです。そのために、地方に転職する人もたくさんいます。
一方で、地方では家賃は日本の小さいアパートぐらいの値段で生活していける場所が多くあります。田舎で、人がいない所ではない限り、普通の街だと、都会にもあるお店の支店があるのと、大型のスーパーがあったり、今はネットで買い物もでき、また地方の良い所がたくさんありますから、心配することはありません。

街中の物件は家賃が高い場合が多く、治安や騒音等に悩まされることもあるので、交通機関が便利で、少し街から離れた所だと快適かも。筆者自身は地方都市ですが、街中にも歩いていける距離にあるアパートに住んでいて、家賃が安く、生活に必要な場所がすべて揃っています。治安も住宅地なので、比較的安全です。むしろ都会のど真ん中に住んでいた頃より快適です。
大家さんは、同じ建物に住んでいるのですが、アパートをきちんと直してくれていて、とても親切な人です。フランスのアパートは欠陥がある場合が多いので、もし大家さんがきちんと義務を果たさない人だと、泣き寝入することになります。また、不動産屋さんも、とても適当で、まだ直していない物件を紹介するような不動産屋さんもいるので、物件選びは、人選びから慎重にした方が良いでしよう。

ワーホリの方は、日本で最初から、フランスの仕事を決めるのも良いかもしれません。フランスでの仕事探しや住居探しでは何かと難しいこともあるので、住み込みの方が不安がないかもしれません。フランスでは特に飲食店の住み込みの求人も多くあり、その場合は、まかない付きだったり、家賃も交渉すれば、安くなることも。
フランスの物件は、家賃も大事ですが、一番は安全性を重視した方が良いでしよう。
決める前に、住みたい場所に何回か行くことをおすすめします。

ライター:Miyabi@フランス

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ