フランスに来て、日本よりクレジットカードで支払うことが多くなりました。フランスはカード社会で、最近は、何でもクレジットカードで支払う人の方が多いです。

フランスのクレジットカードは、銀行が発行している青いクレジットカード(カルトブルー)が一般的です。現金を入れても、お金を受け取らない機械もあり、クレジットカードは一枚ある方が良いでしよう。

このフランスの青いクレジットカードは、銀行でATMでお金をおろす時にも使います。筆者は必要な時以外にはクレジットカードですべて支払い、現金を最近まで、持ち歩いていませんでした。フランスは、財布をよく盗まれると聞いたので、現金を持って行くのが怖かったからです。クレジットカードに何か問題ががあれば、電話をして、カードを停止することが出来ます。

フランスでは、日本ではあまり使わない小切手でお金を支払う人もいます。小切手は、金額をアルファベットで数宇をすべて書くので、数字がフランス語で正確にかけない人は難しいでしよう。特に、忙しいレジの前で小切手を書いて、フランスのIDカードを見せて、フランス人は小切手を使うのですが、慣れない人には難しいでしよう。

銀行で手続きを取ると、自分の小切手がもらえますが、もちろん保管や取扱いには注意。小切手を使わなくても、生活は出来ますが、郵送でお金を支払わなればならない時に、小切手で送る場合があるので、小切手の書き方は知っておいた方がいいでしよう。
小切手は自分では書かなくても、もし何か仕事をして、賃金として相手から小切手をもらう場合もあります。この際にはなるべく早く銀行に行って、小切手の支払いの手続きをした方が良いでしょう。方法は、銀行で違う所もあるので、確認して下さい。

フランスでは、少額の現金がある方が良い場所もあります。道の駐車料金、マルシェの支払い、パン屋さん、キヨスク等の小さいお店等では、クレジットカードが使えない場所もあるので、少しだけ現金がある方が便利。

また、フランスでお金を使う時に気をつけなければいけないのは2の付くお金(日本では唯一、2千円札がありますが)がたくさんあること。間違えないようにしなければなりません。特に、小銭は1の付くお金と2の付くお金が似ています。

また、EU内のユーロがたくさん混じっているのですが、その中に昔のフランスのフランが入っていたことがあって、お金が支払えないことがありました。おつりをもらったら、きちんと金額を確認、ユーロかどうかも確認した方が良いでしよう。

ライター:Miyabi@フランス

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ